当サイトではJavaScriptが必須となっておりますが、お使いのブラウザではJavaScriptが無効になっています。セキュリティ設定などからJavaScriptを有効にしたうえでご利用ください。

レゲエレコード ドットコム ダブ・ストア・サウンド・インク レゲエとブラック・ミュージックのオンラインショップ - レゲエレコード・ドットコム

レゲエ & ブラック・ミュージック オンラインショップ

日本語 (Japanese)英語 (English)

presented by DUB STORE SOUND INC.

¥0 (0 items)
ラフガイドロゴ
発売日
ラフガイドロゴ
ラフガイド・トゥ・レゲエ (日本版)
Photographs by
Adrian Boot, David Corio, Peter Simon, Dave Hendley, Beth Lesser, Paul Coote,
Kim Gottlieb, Noel Hawks, Kunho Chi, Naoki Ienaga and others
Japanese edition supervised by Naoki Ienaga
監修: 家永 直樹
Translated by Yuko Nikai and Naoki Ienaga
翻訳:二階 優子、家永 直樹
     
レゲエの完全ガイドとして世界的な名著がついに日本上陸!これ一冊あれば何もいらない決定版。図版多数収録。1997年に刊行されて以来、レゲエの歴史と各ジャンル、アーティスト、アルバムなどの案内・解説として類例のない名著として高く評価されると共に広汎な読者をえてきました。
著者は「レゲエ博士」と呼ばれるほどの「レゲエを語らせたら世界でも右に出る者はいない権威」スティーブ・バロウとピーター・ドルトンです。
レゲエがすっかり定着した今、ついに待望の日本語版が刊行されます。多くのレゲエ関係者推薦しており、まさに音楽ファン必携の「決定版」です!
「‘決定版’それだけでは説明の半分にも満たない」 The Beat誌
「なんとなくボブ・マーリーを知っていようと、グレゴリー・アイザックスのレコードを全て持っていようと、この広範なガイドブックが‘誰、何、いつ、何処、どう’を教えてくれる」 LAタイムズ紙

「The Rough Guide To Reggae」はジャマイカの伝統音楽から1950年代のメント、そしてダンスホールからバッシュメント、ルーツ、ダブ、ラガ、ラヴァーズロック、世界へと広がったレゲエの真相を明らかにする。

この本はシンガーやディージェイ、彼らと等しく重要なプロデューサー、セッション・ミュージシャン、サウンドシステムに焦点を当てているだけでなく、全編を通して著名アーティストの解説、インタビュー、さらにはCD・レコードのレビューも無数に掲載。

一流写真家であるエイドリアン・ブートやデヴィット・コリオによる写真が傑作盤のジャケット、貴重な資料といった広範囲にわたるイラストも掲載している。

著者であるスティーブ・バローとピーター・ドルトンは20年以上レゲエ・ミュージックに携わってきたことで知られ、スティーブ・バローは絶大な賞賛を受けたレーベル「Blood & Fire」を運営、その一方、熱心なレコード・コレクターであるピーター・ドルトンは雑誌「Dub Catcher」のコラムニストとして活動を行った。

「スティーブ・バローとピーター・ドルトンが堂々と成し遂げた仕事は永遠の賛美を受けるに値する」 Pulse!誌
グラデーション

予定価格:本体8,800円(税別)
A5判/620項/図版400点
ISBN: 978-4309-27192-7
THE ROUGH GUIDE TO Reggae ラフガイド・トゥ・レゲエ

商品詳細
飾り
ダブストア購入特典しおり  
♦ ダブストア購入特典 ♦
先着500名オリジナル特製しおりプレゼント!!
 
Dub Store Recordsにて「The Rough Guide To Reggae」をお買い上げの先着500名様にダブストアオリジナルしおりをプレゼント!
(サイズ180×55mm)


※数がなくなり次第、配布を終了とさせていただきます。ご了承ください。
 
飾り
 
Contents - 目次

序文

1.The beginnings: mento to ska (始まり:メントからスカへ)
       ジャマイカの民俗伝統
       メントとジャマイカのレコード産業の誕生
       サウンド・システムの誕生
       スカ・オーセンティック
       ジャマイカン・ジャズ

2.Rude boys and rocksteady (ルード・ボーイとロックステディ)
       ルード・ボーイ・ミュージック
       ゲット・レディ、ロックステディ−デューク・リードとコクソン
       キャッチ・ディス・ビート:新しいプロデューサーたち

3.Early reggae (初期レゲエ)
       レゲエ時代のビッグ・スリー
       プレミア・リーグへの昇格
       新しいプロデューサーたち、スタジアムへ
       街を起こせ: いかにしてディージェイたちが国を制したか
       反抗の音楽とラスタのチャント

4.Roots reggae (ルーツ・レゲエ)
       ボブ・マーリィ・アンド・ザ・ウェイラーズ
       UKコネクション
       全てを仕切るプロデューサー
       小さな斧
       カルチュラル・トースターズ
       ザ・メインストリーム
       ルーツ・ハーモニー
       瞑想するラスタマンたち

5.Dub (ダブ
       インストゥルメンタル、チャプター、バージョン
       ダブワイズ・シャワー
       ダブ・エクスプロージョン
       1980年代へ向かうダブ

6.Dancehall (ダンスホール)
       ルーツ・トラディション、ルーツ・ラディックスそしてバーリントン・リーヴィ
       ディージェイの支配
       ダンス・ポン・ザ・リディム
       ヘンリィ・‘ジュンジョ’・ローズ、ダンスホールを制す
       プリンス・ジャミー
       シュガー・マイノット
       スライ・アンド・ロビィ
       チャンネル・ワンとジョー・ギブス
       ウォリーズ・イン・ザ・ダンス:更に多くのプロデューサー参戦

7.Ragga (ラガ)
       ラガの誕生
       キング・ジャミー
       ジャミーの最初のライバルたち
       ガシー・クラーク
       独立するジャミーの従業員たち
       ドノヴァン・ジャーメイン
       ヒットソングを歌うラガ
       ディージェイ対決

8.Rasta renaissance (ラスタ ルネッサンス)
       ボボ・ドレッドのディージェイ、チャンターそして歌手
       新世代のカルチュラル・シンガーたち

9.Reggae in Britain (イギリスのレゲエ)
       初期のサウンド:1954−74年
       ルーツ、ロック、レゲエ、UKスタイル
       ラバーズロック
       ディージェイからラガへ
       ルーツの復活

10.Reggae in the USA (アメリカのレゲエ)
       アメリカのレゲエが根を張る
       ニューヨークのダンスホールとラガ

11.African reggae (アフリカのレゲエ)

用語集
レゲエ年表
書籍、雑誌、ウェブサイト
索引

About The Authors – 著者について
スティーブ・バロウ (Steve Barrow)

1945年ロンドン生まれ。13歳の頃からジャズやブルースに興味を抱くようになりレコードの収集を始める。1962年、ロンドンのクラブで初期のジャマイカン・シャッフルやスカを聴きジャマイカの音楽を初めて経験、この頃からダンスに足を運ぶようになりイギリスのサウンドシステム・シーンを真っ向から体感する。

1974年、オール・チェンジ・レコーズ(All Change Records)で働き始め、翌年の1975年にパートナーのK・ストーン氏(K Stone)とダディー・クール・レコーズ(Daddy Kool Records)を設立。ダディー・クールを去った1976年の2年後、1978年にカムデン・タウンのレコード店、オネスト・ジョンズ(Honest Jon’s)本店で働き始め、その後もラッドブローク・グローヴのゴルボーン・ロード、ロンドンのウエスト・エンドのモンマウス・ストリート、グリーク・ストリートのマルーンズ・チューンズなどオネスト・ジョンの運営する支店で働いた。

1979年、アイランド・レコーズ(Island Records)の依頼で彼にとって初めてのコンピレーションである「Intensified」と「More Intensified」をコンパイルし、1992年までフリーランスのコンパイラーとして活躍。また、トロージャン・レコーズ(Trojan Records)でも1988年から1990年までの間に50枚以上のLPをコンパイルしている。1993年にはシンプリー・レッド(Simply Red)のマネージメント会社とブラッド&ファイヤー・レコーズ(Blood & Fire Records)を設立、その活動は2007年まで続いた。

最初の作品を輩出した1979年より、前記したレコード会社にて彼がコンパイルおよびライナーノーツに携わったリリース作品数は180タイトル以上に及ぶ。その他ソウル・ジャズ(Soul Jazz)やVP・レコーズ(VP Records)のコンピレーション、エース・レコーズ(Ace Records)やコニサー・コレクション(Connoisseur Collection)の注釈やライナーノーツも手掛け、1976年から1993年の期間にはブラック・エコーズ(Black Echoes)、ヴォックス・マガジン(Vox Magazine)、ブーン・シャッカ・ラッカ(Boom Shacka Lacka)、ダブ・キャッチャー(Dub Catcher)などファン向けの専門誌でもジャーナリズムを行っている。

1997年、ピーター・ドルトンと共同で「ラフ・ガイド・トゥ・レゲエ」(*これまでに3回にわたって改訂版が出版されている)を出版。また、「100 エッセンシャル・レゲエ Cds」もピーター・ドルトンと共同で発表した。現在もさまざまな制作に携わり活動を続け、世界で最も信頼のおけるレゲエ・ジャーナリストとして広く認知されている。現在はロンドン在住。

ピーター・ドルトン (Peter Dalton)

長年に亘るレゲエ、ソウル、ジャズ、推理小説の初版の収集家。キャリア20年以上の英語教師でもある。記事や評論をレゲエ専門誌ダブ・キャッチャーに寄稿。現在、ロンドン東部のエセックスに位置する沿岸都市ブライトリングシー在住。

ラフガイド英語版1 ラフガイド英語版2 ラフガイド英語版2
家永 直樹 (Naoki Ienaga)
ダブストアロゴ

ダブストア・レコーズ代表。スタジオ・ワン公式エージェント。
オンラインショップ「レゲエレコード」最高運営責任者。

1991年よりジャマイカ音楽を追求するため世界に飛び立ち、ジャマイカ、ロンドン、ニューヨークのみならず、カナダ、カリブ諸島、ヨーロッパなど世界のレゲエ界に精通する国際派。
レア盤専門店「Prince Naoki’s Record Shack」を経て、「ダブストア・レコード・マート」を開業。その後、レコード流通業へと転進し「ダブストアサウンドインク」を設立、現在に至る。また、自身の音楽に対する思いを表現したリイシュー・レーベル「ダブストア・レコーズ」は世界的に高い評価を得ている。
レゲエ・ミュージックをジャズやR&Bと同等の地位まで押し上げることと、古き良き音楽が失われることなく次の世代に継承することを、全ての活動のコンセプトとしている。

監修者より本書籍について

この「ラフガイド・トゥ・レゲエ」の日本語版を制作するに至ったのは、この本が私にとって数あるレゲエ書籍の中で最も重要な一冊であり、私の人生に大きな影響を与えたレゲエの教典だからである。

さらに詳しく述べると、この本はレゲエ全般をまとめた高くそびえたつ塔のような本であり、またレゲエ・ミュージックを賛美して立てられた記念碑、もしくはレゲエの沿革を記した地図、そしてレゲエという大衆音楽が真面目に扱われるべき文化であることを説得力を持って証明している書物である。

なので、私と同じようにレゲエを愛する全ての方々に広く読まれて然るべきだと思い、謙虚な気持ちをもって文化貢献という目的のもと、一人のレゲエファンとして全身全霊を込め8年の歳月をかけて完成した翻訳本である。というのも、私自身がレゲエ・ミュージックという産業から多大なる恩恵を受け、それに対して返そうにも返せないほどの恩をすこしでも返したいという思いと、日本においてレゲエという音楽文化が失われることなく世代から世代へと継承されるために私に出来る最善のことがこの大仕事だと信じたからである。

この一冊は、日本で最高の翻訳本の一つだと断言できる。現在も10年後も20年後もずっと、レゲエ・ミュージックを志す者にとって、そして、あなたがこの素晴らしき世界にいる限り、偉大なる教典であり続けるだろう。

(本書「監修者より出版にあたって」より)

ダブストア・レコーズ代表
家永 直樹
   商品詳細
ラフガイド・トゥ・レゲエ (日本版)
 
ラフガイド・トゥ・レゲエ (日本版)
(ダブストア購入特典: 先着500名オリジナル特製しおり付き)(国内送料無料)
スティーヴ・バロウ (著者), ピーター・ドルトン (著者)
家永直樹 (監修/翻訳), 二階優子 (翻訳)
 
品番:Cコード 0073  ページ数:620ページ
 
     
※税込み¥9,504
購入
特集トップへ   ページトップへ