トップ

DJチャートサマリー

Black Star Foundation

ガンジャ・チューン・セレクション!
DJチャート

Black Star Foundation
ガンジャ・チューン・セレクション!

拠点:
ジャンル: ダンスホール 80年代
掲載: 2017/10/6

2018年に15周年を迎えるブラックスター・サウンドはセレクター、デン・デンとミシェルによるアムステルダムを拠点とするルーツ・レゲエ・サウンド。デン・デンによるこだわりの7"セレクションに加えて多数のダブプレートでダンスを沸かす。地元ディージェイやシンガーと共にプレイするショーケースではジャマイカン・レゲエに加えて独自のプロダクションもプレイする。

本日よりRRDLにて彼らの作品の取り扱いを開始!詳細はこちら

↓↓↓↓↓↓ ブラックスター・ファウンデーションのインタビューはチャート下から ↓↓↓↓↓↓
PLAY ALL
MP3 $0.99
WAV $1.49
FLAC $1.49
MP3 $0.99
WAV $1.49
FLAC $1.49
MP3 $0.99
WAV $1.49
FLAC $1.49
MP3 $0.99
WAV $1.49
FLAC $1.49
MP3 $0.99
WAV $1.49
FLAC $1.49
MP3 $0.99
WAV $1.49
FLAC $1.49
MP3 $0.99
WAV $0.99
FLAC $0.99
MP3 $0.99
WAV $0.99
FLAC $0.99
MP3 $0.99
WAV $0.99
FLAC $0.99
全て購入する
MP3 $9.90
WAV $13.40
FLAC $13.40
ブラックスター・ファウンデーション・インタビュー

こんには!自己紹介をお願いします

ブラックスター・ファウンデーション(Black Star Foundation)はアムステルダムを拠点に活動するNPO団体だよ。僕たちのゴールはレゲエ・ミュージックをあらゆる方法で普及すること。だからコンサート、イベントの企画から、アーティストのマネジメント、ブッキング、さらには自分たちのレーベルから作品を発表することで新しい才能を育てているんだ。来年の頭には15周年を迎えるよ!

結成のきっかけは発起人であるミシェルが西アフリカのガーナに住んでいたときに、現地のアーティスト、ミュージシャンの才能に圧倒されたことからなんだ。そこで彼女は団体を結成することで彼らをヨーロッパに紹介するきっかけを作った。まもなくブラックスター・ファウンデーションはブラック・プロフェット(Black Prophet)とオサグイェフォ(Osagyefo)という二人のアーティストをオランダに招いた。直後にデン・デンが加わり、ミシェルと共にブラックスター・サウンドを結成、召集したアーティストのサポートや、イベントでのDJを開始したよ。最初の数年間はガーナのレゲエ・アーティストのプロモーションに努めたけど、時と共にレゲエ・ミュージック全般を扱うようになった。僕たちは地元のアーティストと活動を共にしつつ、ビッグなレゲエ・アーティストのブッキングもするよ。

2007年にはブラックスター・レーベルを立ち上げた。プロデューサーのアッシャー・Eと一緒にオサグイェフォのアルバムを制作し、自分たちでリリースすることを決めた。それから現在に至るまで2枚のシングルと計4枚のアーティスト・アルバム、さらには3つのリズム・セグメントをリリースしたよ。楽曲のプロデュースはアッシャー・Eに加えてジャマイカのファイヤーハウス・クルーに依頼しているよ。

イグザイル・ディ・ブレイヴ(Exile Di Brave)との新作について教えてください

Exile Di Brave Meets Black Star”は僕たちの最新作で5曲のヴォーカルとダブを含む6曲入りだよ。イグザイルとは数年前にベルギーのレゲエ・ギール・フェスティヴァルで出会った。スペインのロトトンで一緒にライブしてから友達になったんだ。ブラックスターはキングストンのVinyl Thursdaysで何度かプレイしたことがあるんだけど、あそこは本当に最高なんだ。だから昨年同イベントをアムステルダムで開催し、キングストン・クルーの大部分であるインフィニティ(Infinity)、カザム(Kazam)、そしてイグザイル・ディ・ブレイヴを招待したよ。イグザイルがアムステルダム滞在中に僕たちの楽曲を聞かせたら彼が即興でディージェイしはじめた。すぐさま”Spend My Money”をウチのリビングで録音したよ。EPにはルーツ、ステッパー、ダンスホール、スカからダブまで幅広い楽曲が収録されている。6曲を通してイグザイルの様々な一面を見せることにフォーカスしたんだ。

特別お気に入りな音楽スタイルはありますか?

僕(デン・デン)にとっては難しい質問だな。レゲエだけじゃなくて他にもいろいろな音楽が好きだから。あえて挙げるとすれば70’sのヴォーカル・ハーモニー、それから80’sのヴォルケーノやジャミーズに代表される初期ダンスホール。90年代以降のルーツも好きだよ。あ、それから僕は7インチには目がないんだ。ミシェルはなんでも良く聴くけどレゲエのイージーでポジティブな一面が好きなんだ。彼女はスカ、ロックステディやルーツ、オールディーズ一般を好むよ。

レーベルの今後の展望を教えてください

今は3つの作品のリリースを予定しているよ。まずは”Asher-E - The Black Star Melodies” – アッシャー・Eは僕らのプロデューサーで、作品中の楽器はほぼ彼の演奏によるものだと。近作は彼が得意なメロディカをフィーチャーした8曲入アルバムだよ。それから”Leah Rosier - The Black Star Tracks”、レアはアムステルダム出身の女性シンガーで近作が彼女の3枚目のアルバムになるよ。最後に”World of Righteousness Riddim”、このセグメントにはルチアノ、アンソニー・B、マイキー・ジェネラル、ジャーバー・I、マーロン・アッシャー等が参加する予定だよ。あとは僕らの初となる7インチの制作も進行中だよ。

来年にはブラックスターの15周年を記念してリア、アッシャー等と共に僕らのプロダクションだけで行うライブ・ツアーを予定しているよ!

デン・デン、ミシェル、どうもありがとうございました!