トップ

DJチャートサマリー

Addis Record

Addis Record ルーツ・セレクション
DJチャート

Addis Record
Addis Record ルーツ・セレクション

拠点:
ジャンル: ルーツ・レゲエ
掲載: 2017/10/20

スイスのジュネーヴを拠点に活動するミュージシャン、ジル&スタフが運営するレーベル、アディス・レコード。1992年の始動以来7インチを中心にリリースを重ね、2002年には現在も高い評価を受けるリズム集"Kingston Sessions 1992-2002"を発表。ミュージシャンならではの幅広い音楽性を持つリズム・トラックに加え、度重なるジャマイカへの訪問で築き上げたコンシャス・アーティストとの固い絆のもと、今日も精力的にリリースを重ねる。

Addis Recordのフル・デジタル・カタログは コチラ
ヴァイナル・リリースは コチラ

↓↓↓↓↓↓ Addis Recordのインタビューはチャート下より ↓↓↓↓↓↓
PLAY ALL
MP3 $1.99
WAV $1.99
FLAC $1.99
MP3 $0.99
WAV $0.99
FLAC $0.99
MP3 $0.99
WAV $0.99
FLAC $0.99
MP3 $0.99
WAV $1.49
FLAC $1.49
MP3 $0.99
WAV $1.49
FLAC $1.49
MP3 $0.99
WAV $0.99
FLAC $0.99
MP3 $0.99
WAV $1.49
FLAC $1.49
MP3 $0.99
WAV $0.99
FLAC $0.99
MP3 $1.99
WAV $1.99
FLAC $1.99
MP3 $0.99
WAV $1.49
FLAC $1.49
全て購入する
MP3 $11.90
WAV $13.90
FLAC $13.90
アディス・レコード(ジル)インタビュー!

こんにちは、ジル!Addis Recordについて教えてください

アディス・レコードはスイスのジュネーヴを拠点に活動するレーベルで1991年に僕、ジル(キーボード&プログラミング)、スタフ(ベース&グラフィック・デザイン)で結成したんだ。90年代初頭に作曲とインストのプロデュースをはじめ、キングストンを頻繁に訪れていたことからジャマイカのベテラン・アーティストとよくコラボレーションしてた。この頃の作品はUKのパーシャル・レーベルから再発されているよ。もしくは”Kingston Sessions 1992-2002”をチェックしてみて。当時若いシンガー、アーティスト、ディージェイとよくリンクして、自然と彼らのプロデュースを行うようになっていった。2000-2007年には複数のリディム・セグメントをリリースして、ナチュラル・ブラック”Bun Down Rome”、マーク・ワンダー ft. ダディ・リングスの”We Shall Overcome”、アンソニー・B ”Faya Red”、チェジデックの”Behind It”などがよくプレイされたよ。スタフは地元のライブバンドにも参加しているから、僕一人で完結しているプロジェクトもあって、”Solid Ground”、”J.A Luv”、”My World”はもう少しスムーズなワンドロップなんだ。最近だと才能溢れるヘズロンと作ったMobay”はかなりのビッグチューンだよ。2013年には僕たちの2枚目のインスト・アルバムとなる “Goulet Sessions 2003-2013”をリリースした。このアルバムには人気の”Ghetto Blues”とディーン・フレイザーをフィーチャーした’”The Riddim the Rebel”が収録されている。その後ラス(Disciples)とのコレボレーションで、ジュネーヴを拠点に活動するジャマイカ人シンガーネロ・Bのアルバムや、最近だと一人のアーティストの音楽性を最大限に活かす10インチプロジェクトをやっていて、マイカ・シェマイアやアイシャ・ベルの作品をリリースしているよ!

マイカ・シェマイアとの新作について教えてください。ビッグ・リリースですね

ありがとう。最初にB面の”Jah Works”録音したんだ。確か2年前かな。それからマイカがジュネーヴにきたときにスタフが新たな録音を担当した。この曲は元からある僕たちのリズムなんだけどマイカのリクエストだった。キングストン・ダブ・クラブのガブリ、ビッグアップだぜ!マイカの声入れが終わってから僕がアレンジしてバッキングを入れた。それからラス・ディサイプルズがミックスしたんだ。”This Land”はもっと時間をかけて制作した。マイカの表現を最大限に活かしたかったんだ。この曲は100%本物のミュージシャンの演奏で、ミックスもジャマイカスタイルに仕上げた。両曲ともこのアーティストのいいところを引き出したチューンで、僕たちは仕上がりをとても気に入っている。”In This Land”はYoutubeにビデオも上がっているから是非見てみて!

Addisのサウンドのスタイルは幅広いけど、制作について教えてください

そうだね。ありがとう。制作はいつもチャレンジだよ。僕たちはミュージシャンだから常に新しいことにトライして、いいものができたらリリースできるように仕上げる。制作についてだけど、まずプロジェクトに誰が関与するかで決まる部分が多い。スタフと一緒だったら1日に10曲ぐらい作れるよ笑 でも僕たちはさらにいいものを作るため、リディムが完璧になるまで何度でもアレンジをやり直して、重ね録りするよ。それからマジでダブしまくるしね笑。いつもは自宅で作ったMidiデモからはじめて、限界まで音楽性を引き出せるように作りこむよ。僕たちは独立レーベルだから常に違う手法を取り入れることを意識してる。

アディス・レコードの今後の展開を教えてください

次のリリースはヘズロンとのシングルで、もうすぐ発売予定だから詳細は近々発表するよ。それから僕らのクラシック”Kingston Sessions”のボーカル・アルバムが年末にリリース予定。もうミックスも全てできてるんだ。新しいインストも制作中、さらには他のレーベルの仕事も並行して行ってるしね。ジャマイカやジュネーヴの新しい才能を紹介できると思うよ。今までサポートしてくれたみんなに感謝!これからもよろしく!



Soundcloud:https://soundcloud.com/addisrecord



Youtube:https://www.youtube.com/user/jiladdis



Instagram:https://www.instagram.com/jiladdis/



Addis Record, Geneva