トップ

アーティスト名鑑
・アーティスト特集の一覧です。画像またはアーティスト名をクリックすると、
それぞれの特集ページを見ることができます。
検索:
並び替え:
1 2 3 4 5 6 7 8 9
Text by Harry Hawks
およそ20年もの間レコーディングを行ったフレディ・マッケイがなぜそれにふさわしい成功を手にすることが出来なかったのかということはレゲエ・ミュージックの中でいまだに解かれていない謎の1つである。
更新:2018/7/11
順調にヒット作をリリースし、現在のシーンで大きな存在感を放つイタリア人ラスタ・アーティスト。自身の作品において自らプロデュースも手掛け、ジャマイカ音楽の歴史をしっかりと受け継いだサウンドを発信している。
更新:2018/7/4
Text by Harry Hawks
真のオリジナル、彼のスタイルにはUロイやビッグ・ユースなどの開拓者たちが創った流儀が伝承されているが、ローン・レンジャーは70年代のルーツ・アンド・カルチャーのアプローチと80年代に起こったダンスホール・ディージェイのすさまじい襲来の架け橋を作った最初のディージェイの1人である。
更新:2018/6/27
“キング・オブ・ブルー・ビート”としてルード・ボーイ達の永遠の憧れ、プリンス・バスター。彼の残したエピソードは数知れず、現在でもカリスマ的人気を誇る。
更新:2018/6/20
Text by Harry Hawks
このダンスホールのスーパースターのキャリアは本当に華々しく、ますます強力になっている。“マバド…ヒップ・ホップ色の強いビートと、ストリート・ライフと救済を歌う不気味なマイナー・キーのヴォーカルを操るアーティスト”Rolling Stone紙
更新:2018/6/13
Text by Harry Hawks
エネルギーみなぎるパフォーマンスと生粋のサウンド・システム・ディージェイ、バーリントン・リーヴィは生のダンスホールの興奮をそのままレコードに録音したヴォーカリストの一人。
更新:2018/6/6
Text by Harry Hawks
生意気な若手の新人が溢れるダンスホールでたびたび多才なヴェテランにも居場所があることを証明した有能なプロ・ヴォーカリスト。
更新:2018/5/30
トゥエルブ・トライブス・オブ・イスラエルというラスタ団体のメンバーで、厳密にカルチュラルなスタイルを貫いた。80年代における最も厳粛なリアリティーディージェイとして認知されている。
更新:2018/5/23
地元であるスコットランド、グラスゴーを拠点に現在のイギリス/ヨーロッパのレゲエ・シーンを活気付ける現場志向のサウンドシステム/プロダクション・ハウス。
更新:2018/5/16
ジャマイカ、カナダで活躍した伝説のカルチュラル・シングジェイ。現在もルーツ・ミュージックに根ざした活動を続けるアーティストとして知られる。
更新:2018/5/9
Text by Harry Hawks
「タビーのところにジャミーという名前の新しいエンジニアがいるんだ。やつはヤバイよ!」
更新:2018/5/2
Text by Harry Hawks
ロックステディやレゲエに興味を持った人なら誰でも、ヘプトーンズを認知し、彼らの音楽が好きだろう。最高のジャマイカ人コーラス・トリオの一組であった彼らからなぜクロスオーバーの成功が遠ざかったのか、申し分のない彼らの作品からは想像がつかない。
更新:2018/4/25
90年代のレゲエシーンを語る上で最も重要なシンガーであり,名前の通り透き通った絹のような美しい声から発せられるカルチュアルなリリックは当時のレゲエシーンに大きな変換をもたらした。ボブ・マーリーの再来と言われた彼の功績は死後10年以上経った現在でも語り継がれている。
更新:2018/4/18
Text by Harry Hawks
「オーガスタス・パブロの音楽はその瞬間に創造され、どうしてかそれ以降に刻まれる時間との音楽的調和は永遠となる」アイアン・マッキャン
更新:2018/4/11
60年代から独特なファルセットボイスを武器に、甘いロックステデイーからハードなルーツまで様々な音楽に対応してきたマルチなシンガーである。
更新:2018/4/4
Text by Harry Hawks
ヴォーカル・ハーモニーが有益で流行してない時代、ブラック・ユフルは彼らの音楽と“自由”のメッセージをキングストンのウォーターハウスから国際的なステージへ届けた。
更新:2018/3/28
Text by Harry Hawks
ケン・ブースは素朴で迫力のない楽曲でさえも、心に触れる感情を与えることが出来る的確な才能を持った“ジャマイカを代表する魂のアーティストの1人” である。
更新:2018/3/23
Text by Harry Hawks
1965年から1965年までレコーディング・バンドとして一緒に活動したスカタライツだが驚くほど創造的だったこの2年でレゲエ史の模範となる作品郡を確立した。
更新:2018/3/22
Text by Harry Hawks
ジュニア・マーヴィンまたの名をジュニア・ソウルは、多作なシンガーではなかったものの、代表作である疑いの余地のないほど明白なクラシック‘Police & Thieves’がその発端であるキングストンのダウンタウンにおける血なまぐさい政治的暴力行為を超越し、底辺から、そして頂上から圧制に立ち向かう世界中の人々のアンセムとなった。
更新:2018/3/14
Text by Harry Hawks
カールトン・マニングが率いた伝説のロックステディ/レゲエ・ヴォーカル・グループ…彼らのデビュー録音曲‘Love Me Forever’はハーモニー楽曲、至高の傑作と称される。
更新:2018/3/7
Text by Harry Hawks
初めて誕生したディージェイのスーパースター、キング・スティットがクランシー・エックルズと一緒に制作した一連のシングル盤で、初めてディージェイのキング・スティットはレコードで正式にクレジット記載された。彼らは‘トースター’から挿入や割込みでダンスと同様にレコードでもこれほどに面白いものを作り上げられることを示した。そうしてディージェイの門が開いたのだった。
更新:2018/2/28
Text by Harry Hawks
70年代初期の偉大なるディージェイのオリジネーターたちと一緒に挙げられるべく名がウィンストン・スコットランドである。
更新:2018/2/13
Text by Jeremy Collingwood
アンセル・カリッドランドウィンストン・ワットソンかつてライチャス・フレイムスのメンバーだったダニー・クラークから構成された美しいボーカル・トリオ。ダニー・クラークによって1975年に結成されたグループはその後10年間にわたりジャマイカを代表するルーツ・ボーカル・ハーモニー・グループとして地位を確立、しかし彼らの売上げがレゲエ界における彼らの評判や地位に反映されることはなかった。
更新:2018/1/31
Text by Harry Hawks
人格と身なりがクールの典型であるデリック・モーガンのストーリーはジャマイカン・ミュージックの発達が70年代中盤に起こした嵐により世界を魅了した現象のことを詳しく述べている。
更新:2018/1/24
1 2 3 4 5 6 7 8 9