This site requires JavaScript but your browser does not support JavaScript. Please activate Javascript from security options or something like that.

ReggaeRecord.com Dub Store Sound Inc. Online Store for Reggae & Black Music - Reggaerecord.Com

Reggae & Black Music Online Store

Japanese (日本語)English
Currency:

presented by DUB STORE SOUND INC.

¥0 (US$0.00) (0 items)
Artist Ranking
1
King Lion >>View Items
2
Don Drummond >>View Items
3
Blues Busters >>View Items
4
Roland Alphonso >>View Items
数え切れない録音で美しいサックスを聴くことができるスカタライツの重要人物。彼の作品は見落とされがちながらもアレンジャーまたジャマイカ音楽の黎明期を形作った人物としてすべての点において重要である。

>>Information

5
Chosen Few >>View Items
6
Sandra Cross >>View Items
7
Bob Andy >>View Items
ボブ・アンディは最も洗練されたシンガー、そしてソングライターの一人であり、彼の作品(詩やリズムにおいて)はレゲエ音楽に欠くことのできない大部分を形成するに至った。

>>Information

8
Tarrus Riley >>View Items
9
Chronixx >>View Items
10
Cornell Campbell >>View Items
11
Toots & The Maytals >>View Items
メイタルズがひとつの音楽を創った、“地球上にそのようなものは何も無かった”、それはジャマイカにてジャマイカ人が創ったものに違いなかった。 他の歌手たちやコーラス・グループは、自分とよく似たアメリカ人のそれらのように歌おうとすることがしばしあった、しかしメイタルズはジャマイカ人の歌手たちがジャマイカ人らしく歌えるようにその道筋を舗装していった。

>>Information

12
Delano Stewart >>View Items
13
Alton Ellis >>View Items
アルトン・エリスは間違いなくジャマイカ最高のソウルフル・シンガーであり、彼の独特の歌い方と作曲を通してジャマイカ音楽の発展に与えた影響は重要なものだ。

>>Information

14
Sharon Forrester >>View Items
15
Lovindeer >>View Items
16
Dreadlock Tales >>View Items
17
Bob Marley, Wailers >>View Items
18
Keith Hudson >>View Items
プロデューサーからパフォーマーに転身したキース・ハドソンは1970年代にわたり、独特のスタイルを展開し、多くの楽曲を制作。メインストリームで成功することはなかったが多くのリスナーが収集する作品にアルバムやシングル盤が上げられる。42歳という早すぎる死にレゲエは1人の異端者を失った。

>>Information

19
Elephant Man >>View Items
20
Maytals >>View Items
21
Skatalites >>View Items
1965年から1965年までレコーディング・バンドとして一緒に活動したスカタライツだが驚くほど創造的だったこの2年でレゲエ史の模範となる作品郡を確立した。

>>Information

22
Cat Boys, asuka ando >>View Items
23
Soul Brothers >>View Items
24
Mighty Sparrow >>View Items
25
Black Uhuru >>View Items
ヴォーカル・ハーモニーが有益で流行してない時代、ブラック・ユフルは彼らの音楽と“自由”のメッセージをキングストンのウォーターハウスから国際的なステージへ届けた。

>>Information

26
Billy Garner >>View Items
27
Tanto Metro >>View Items
28
Noel Brown >>View Items
29
Protoje >>View Items
30
Max Romeo >>View Items
マックス・ロメオのその的を外れない才能が伝えるのはジャマイカの明らかな苦難だけではなく、それに匹敵するほど熱烈で確信的なもっと楽しい側面であり、それらをもって彼は彼の世代で最も有名で万能なシンガー・ソングライターとして、その地位を確立にしたのである。

>>Information

31
Conquer Rocks >>View Items
32
Ken Boothe >>View Items
ケン・ブースは素朴で迫力のない楽曲でさえも、心に触れる感情を与えることが出来る的確な才能を持った“ジャマイカを代表する魂のアーティストの1人” である。

>>Information

33
Desmond Dekker >>View Items
60年代から70年代初期にかけてジャマイカの音楽を世界に伝えたシンガー・ソングライター。

>>Information

34
KC White >>View Items
35
Sean Paul >>View Items
36
Johnny Osbourne >>View Items
生意気な若手の新人が溢れるダンスホールでたびたび多才なヴェテランにも居場所があることを証明した有能なプロ・ヴォーカリスト。

>>Information

37
Harmonians >>View Items
38
Derrick Harriott >>View Items
過去50年以上に渡り大成功を収めたシンガー、プロデューサー、レコード・ショップ経営者として彼は全てを目撃してきた…彼は全てを体験し、彼の音楽は世界中に知れ渡って彼のもとに帰ってきた。

>>Information

39
Al & The Vibrators >>View Items
40
Pinchers >>View Items
41
Gladstone Anderson >>View Items
42
Taggy Matcher, Beastie Boys >>View Items
43
Spragga Benz >>View Items
44
Marcia Griffiths >>View Items
レゲエにおいて女性シンガーは希少であるが成功を収めた女性シンガーとなるとさらに希少である…マーシャ・グリフィスはこれまでにジャマイカで最も成功した女性シンガー、そして疑うまでもないがジャマイカン・ミュージックのファースト・レディである。

>>Information

45
Johnny & The Attractions >>View Items
46
David Isaacs >>View Items
47
Llans Thelwell, His Celestials >>View Items
48
Tyrone Taylor >>View Items
49
Youth Of Roots >>View Items
50
Leroy Smart >>View Items
ゲットー出身のリロイ・スマートはその逆境からインスピレーションを授かり、孤高にも真の才能を必死になって示した。彼は、いつもの日も一流として存在し続けるだろう。

>>Information

51
Benji Baker >>View Items
52
Conscious Minds >>View Items
53
Cavaliers >>View Items
54
Winston Jarrett >>View Items
55
Red Rat >>View Items
56
Jimmy Riley >>View Items
57
Half Pint >>View Items
58
Frisco Kid >>View Items
59
Admiral Tibet >>View Items
60
Barry Brown >>View Items
61
Desmond Dekker, Aces >>View Items
62
Black Mice >>View Items
63
Little Roy >>View Items
「タファーライはどうやって音楽が作られるべきか、レコードにして売るかというもっともな見本であり、現在もそうである。おそらくビジネスの中で一貫してその信念を貫いている世界にたった1つのレーベルであろう。メッセージがその音楽の中に存在している」デイヴ・ヘンドリー

>>Information

64
Hopeton Lindo >>View Items
65
Ward 21, Bounty Killer >>View Items
66
Roy Shirley >>View Items
67
Ninja Kid >>View Items
68
Carribiean Boys >>View Items
69
Raymond Harper >>View Items
70
Lady Mackerel >>View Items
71
Delly Ranks >>View Items
72
Junior Reid >>View Items
73
Papa San >>View Items
74
Dawg E Slaughter >>View Items
75
Eek A Mouse >>View Items
元祖シングジェイ、イーク・ア・マウス、彼の主張は198cmという巨大な身体のように大きく広くあり続けてきた。彼は常にジャンルの壁を壊し、ルーツ、ダンスホール、“クロスオーバー”レゲエの架け橋を作ってきた。

>>Information

76
Sophia George >>View Items
77
Tiny Topsy >>View Items
78
Learners >>View Items
79
General Pecos >>View Items
80
Bunji Garlin >>View Items
81
GT Moore >>View Items
82
Macka Diamond >>View Items
レゲエ、特にダンスホール・レゲエといえば、男らしさと性差別的な態度が悪名を轟かせている。また、男性上位のジャマイカン・ミュージックの中で女性アーティストたちに与えられるチャンスは“限定されている”、と表現するのは大変控え目な言い方だ。少数の精鋭だけがこの“ガラスの天上”を破りブレークするが、マッカ・ダイアモンドはそれを粉砕しているように見える。

>>Information

83
Pat Kelly >>View Items
洗練されたソウルフルなファルセット、天性の才能を授かったシンガーのパット・ケリーは熟練したレコーディング・エンジニアでもあった。

>>Information

84
Bloodfire Posse >>View Items
85
Zumjay >>View Items
86
Wailers >>View Items
87
東京カンカンリズム >>View Items
88
Vybz Kartel >>View Items
ジャマイカのダンスホール・ミュージックほど競争がタフなものはないが、時折、その競争に頭1つぬきんでたアーティストが現れることがある。「みんなはリアルなネタを望んでる…そして俺がやっているのはそれだ」ヴァイブス・カーテル

>>Information

89
Lloyd Jones >>View Items
90
Grindsman >>View Items
91
Admiral Bailey >>View Items
92
TOK >>View Items
93
QQ >>View Items
94
Torch >>View Items
95
Inspirations >>View Items
96
Johnny Clarke >>View Items
97
Jackie Mittoo >>View Items
ジャッキー・ミットゥーの60年代のスタジオ・ワンでの活躍は我々が知っているレゲエ・ミュージックを創り、形にし、磨き上げた。彼は非常に才能があるキーボード・プレイヤーというだけでなくこの上なく有能なアレンジャーでありレコード・プロデューサーだった。

>>Information

98
The Hippy Boys >>View Items
99
Soulettes >>View Items
100
Glen Adams >>View Items
Back