This site requires JavaScript but your browser does not support JavaScript. Please activate Javascript from security options or something like that.

ReggaeRecord.com Dub Store Sound Inc. Online Store for Reggae & Black Music - Reggaerecord.Com

Reggae & Black Music Online Store

Japanese (日本語)English
Currency:

presented by DUB STORE SOUND INC.

¥0 (US$0.00) (0 items)
Artist Ranking
1
The Uniques >>View Items
2
Al Brown >>View Items
3
Derrick Morgan >>View Items
人格と身なりがクールの典型であるデリック・モーガンのストーリーはジャマイカン・ミュージックの発達が70年代中盤に起こした嵐により世界を魅了した現象のことを詳しく述べている。

>>Information

4
Learners >>View Items
5
Hopeton Lewis >>View Items
6
Glen Adams >>View Items
7
Tony Tuff >>View Items
8
Chronixx >>View Items
9
Sharon Forrester >>View Items
10
Wailing Souls >>View Items
この40年の間、ウェイリング・ソウルズは最も一貫して素晴らしく、またインスピレーションを与えるジャマイカのヴォーカル・グループであり続けてきた。彼らはその歌の輝きと美しさももちろんであるが、音楽を作ることを一度も止めたことがない点でとても貴重な存在である。

>>Information

11
Ken Parker >>View Items
12
Marvels >>View Items
13
Soul Syndicate >>View Items
14
Soul Brothers >>View Items
15
Johnny Clarke >>View Items
16
Hot Rocks >>View Items
17
Tartans >>View Items
18
Nitty Gritty >>View Items
19
Bob Marley, Wailers >>View Items
20
Roland Alphonso >>View Items
数え切れない録音で美しいサックスを聴くことができるスカタライツの重要人物。彼の作品は見落とされがちながらもアレンジャーまたジャマイカ音楽の黎明期を形作った人物としてすべての点において重要である。

>>Information

21
Dennis Brown >>View Items
“クラウン・プリンス・オブ・レゲエ(レゲエ界の貴公子)”と呼ばれたデニス・エマニュエル・ブラウンはジャマイカ音楽において最も普遍的に人気のあったパフォーマーだった。多くのアーティストたちは死後に名声と称賛を受けるがデニス・ブラウンは生前、他に例を見ない量の深い愛情を受け取った。

>>Information

22
Jah Warrior >>View Items
23
Roy Richards >>View Items
24
The Hippy Boys >>View Items
25
Sons Of Negus >>View Items
26
Shabba Ranks >>View Items
もしかすると、ジャマイカで最後の伝統的なマイク・マンの1人かもしれないが、確実にジャマイカ初の国際的スーパースター・ディージェイである…

>>Information

27
Ken Boothe >>View Items
ケン・ブースは素朴で迫力のない楽曲でさえも、心に触れる感情を与えることが出来る的確な才能を持った“ジャマイカを代表する魂のアーティストの1人” である。

>>Information

28
Max Romeo >>View Items
マックス・ロメオのその的を外れない才能が伝えるのはジャマイカの明らかな苦難だけではなく、それに匹敵するほど熱烈で確信的なもっと楽しい側面であり、それらをもって彼は彼の世代で最も有名で万能なシンガー・ソングライターとして、その地位を確立にしたのである。

>>Information

29
Skatalites >>View Items
1965年から1965年までレコーディング・バンドとして一緒に活動したスカタライツだが驚くほど創造的だったこの2年でレゲエ史の模範となる作品郡を確立した。

>>Information

30
Leslie Butler & Count Ossie >>View Items
31
Pad Anthony >>View Items
32
Patsy Millicent Todd >>View Items
33
Singer Tempa >>View Items
34
Linval Thompson >>View Items
もともとはルーツ・アンセムを歌うシンガーとして1970年尊敬されていたリンヴァル・トンプソンは最初の、また先進的なダンス・ホール・ミュージックのプロデューサーの1人としてのキャリアも成功させた。

>>Information

35
Frankie Paul >>View Items
36
Scotty >>View Items
デリック/デイヴィッド‘スコッティ’スコットは表現力に富んだソウルフルなシンガーというだけでなく、大人気を博した1970年代にディージェイの芸術というものを大衆化させた最初のアーティストの1人だ…そして我々が言う“人気を博す”というのは大規模にという意味だ。

>>Information

37
Lee Perry >>View Items
38
Family Man, Rebel Arms >>View Items
39
Aston 'Family Man' Barrett >>View Items
ヒッピー・ボーイズ、アグロヴェーターズそしてアップセッターズの1人として文字通り数千のジャマイカのヒット曲で演奏した伝説的なベースギタリスト、編曲家、レコード・プロデューサーであり、レーベルディフェンダーズ、FAM’Sとコブラのヒット・レコードをプロデュースした。ファミリー・マンはボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの驚くべき国際的なキャリア全体における音楽の方向性を形作った必要不可欠な存在として世界的に知られている。

>>Information

40
Gaylads >>View Items
60年代から70年代初頭における最重要ヴォーカル・グループの1つ…

>>Information

41
Cornell Campbell >>View Items
42
Ini Kamoze >>View Items
43
Okawa & The Rulers >>View Items
44
Eccleton Jarrett >>View Items
45
Alton Ellis >>View Items
アルトン・エリスは間違いなくジャマイカ最高のソウルフル・シンガーであり、彼の独特の歌い方と作曲を通してジャマイカ音楽の発展に与えた影響は重要なものだ。

>>Information

46
Dub Kazman >>View Items
47
Wailers >>View Items
48
Joe Higgs >>View Items
ジョー・ヒッグスは自身のキャリアを続けるかたわら数世代ものミュージシャン、ジャマイカを誇る大のスターたちに自身の音楽だけではなく、師そして助言者として働きかけたことで大きな影響と与えた。

>>Information

49
Dennis Alcapone >>View Items
50
Jesse Royal >>View Items
51
Cecile >>View Items
52
Indica Dubs >>View Items
53
Ist3p >>View Items
54
Baba Brooks >>View Items
55
Horace Andy >>View Items
ジャマイカ音楽で最も独創的で多作なシンガー/ソングライター、レゲエにおける歌唱スタイル全域にわたって影響を与えた人物。

>>Information

56
John Holt >>View Items
ジョン・ホルトはジャマイカの“愛のバラードを最も上手く表現できる歌手”として十分に崇敬されているが、それと同様にパラゴンズとしてもっとも素晴らしいロックステディのシンガーの1人、スタジオ・ワンの基礎を築いたヴォーカリスト、もしくはチャンネル・ワン、またヘンリー‘ジュンジョ’ロウズからのリリースを通して1970年と80年代に最も輝いたルーツ・シンガーとしてみなされている。

>>Information

57
Keith Hudson >>View Items
プロデューサーからパフォーマーに転身したキース・ハドソンは1970年代にわたり、独特のスタイルを展開し、多くの楽曲を制作。メインストリームで成功することはなかったが多くのリスナーが収集する作品にアルバムやシングル盤が上げられる。42歳という早すぎる死にレゲエは1人の異端者を失った。

>>Information

58
Micah Shemaiah >>View Items
59
Spanner Banner >>View Items
60
General Degree >>View Items
61
Shades >>View Items
62
Cavaliers >>View Items
63
Wayne Smith >>View Items
64
Robert Dallas >>View Items
65
Tiger >>View Items
66
Half Pint >>View Items
67
Norris Man >>View Items
68
江利チエミ >>View Items
69
Dawn Penn >>View Items
70
Lloyd Parks >>View Items
71
Elephant Man >>View Items
72
Wayne Scotch >>View Items
73
Big Youth >>View Items
20世紀後半において、そのスタイルがもたらした影響力の強さ、アーティストとしての革新的なスタンスで最も重要な人物の1人とされる。

>>Information

74
Wade Curtiss, Rhythm Rockers >>View Items
75
Chuck Fender >>View Items
76
Wayne Wonder >>View Items
77
Beenie Man >>View Items
“驚異的な10歳のディージェイ”から“ダンスホールのキング”へ…

>>Information

78
Philip Fullwood >>View Items
79
Danny English >>View Items
80
Roy Panton >>View Items
81
Hopeton Lindo >>View Items
82
Prince Fatty, Hollie Cook >>View Items
83
Little John >>View Items
84
Roy Panton, Los Caballeros Orchestra >>View Items
85
Junior Delgado >>View Items
86
Clarendonians >>View Items
87
Vybz Kartel >>View Items
ジャマイカのダンスホール・ミュージックほど競争がタフなものはないが、時折、その競争に頭1つぬきんでたアーティストが現れることがある。「みんなはリアルなネタを望んでる…そして俺がやっているのはそれだ」ヴァイブス・カーテル

>>Information

88
Beres Hammond >>View Items
89
Jennifer Lara >>View Items
90
Tamlins >>View Items
91
Natives >>View Items
92
Invaders >>View Items
93
Derrick Harriott >>View Items
過去50年以上に渡り大成功を収めたシンガー、プロデューサー、レコード・ショップ経営者として彼は全てを目撃してきた…彼は全てを体験し、彼の音楽は世界中に知れ渡って彼のもとに帰ってきた。

>>Information

94
Burro Banton >>View Items
95
Sister Rasheda >>View Items
96
Lynn Taitt, Jets >>View Items
97
Reigning Sound >>View Items
98
Pampi Judah >>View Items
99
Swingin Neckbreakers >>View Items
100
Queen Omega >>View Items
Back