This site requires JavaScript but your browser does not support JavaScript. Please activate Javascript from security options or something like that.

ReggaeRecord.com Dub Store Sound Inc. Online Store for Reggae & Black Music - Reggaerecord.Com

Reggae & Black Music Online Store

Japanese (日本語)English
Currency:

presented by DUB STORE SOUND INC.

¥0 (US$0.00) (0 items)
Artist Ranking
1
Cornell Campbell >>View Items
2
Leroy Smart >>View Items
ゲットー出身のリロイ・スマートはその逆境からインスピレーションを授かり、孤高にも真の才能を必死になって示した。彼は、いつもの日も一流として存在し続けるだろう。

>>Information

3
Freddie McGregor >>View Items
4
PAPA U-Gee, GA-PI (Original Thai Dub) >>View Items
5
Derrick Harriott >>View Items
過去50年以上に渡り大成功を収めたシンガー、プロデューサー、レコード・ショップ経営者として彼は全てを目撃してきた…彼は全てを体験し、彼の音楽は世界中に知れ渡って彼のもとに帰ってきた。

>>Information

6
Tropicos >>View Items
7
Derrick Morgan >>View Items
人格と身なりがクールの典型であるデリック・モーガンのストーリーはジャマイカン・ミュージックの発達が70年代中盤に起こした嵐により世界を魅了した現象のことを詳しく述べている。

>>Information

8
Blues Busters >>View Items
9
Chronixx >>View Items
10
The Maytones >>View Items
11
Aisha >>View Items
12
Roland Alphonso >>View Items
数え切れない録音で美しいサックスを聴くことができるスカタライツの重要人物。彼の作品は見落とされがちながらもアレンジャーまたジャマイカ音楽の黎明期を形作った人物としてすべての点において重要である。

>>Information

13
Ken Boothe >>View Items
ケン・ブースは素朴で迫力のない楽曲でさえも、心に触れる感情を与えることが出来る的確な才能を持った“ジャマイカを代表する魂のアーティストの1人” である。

>>Information

14
Owen Gray >>View Items
15
Horace Andy >>View Items
ジャマイカ音楽で最も独創的で多作なシンガー/ソングライター、レゲエにおける歌唱スタイル全域にわたって影響を与えた人物。

>>Information

16
Ernest Ranglin >>View Items
世界的に評価を得ているジャズ・ギタリストとしてだけでなく、アーネスト・ラングリンは近代ジャマイカン・ミュージックの‘建築家’=‘創始者’の1人でもある。

>>Information

17
Busy Signal >>View Items
ダンスホールという大空で最も輝きを放つスターの1人、ビジー・シグナルはそのステージ・ネームを青年の時に手に入れた、それは彼は忙しすぎていつも携帯電話に出られなかったからに由来する。それから大きく変わったことはない…それ以来彼には一定の需要があり、彼の電話は世界中から仕事のオファーでなり続けている。

>>Information

18
Carlton & The Shoes >>View Items
カールトン・マニングが率いた伝説のロックステディ/レゲエ・ヴォーカル・グループ…彼らのデビュー録音曲‘Love Me Forever’はハーモニー楽曲、至高の傑作と称される。

>>Information

19
Carl Meeks >>View Items
20
Lee Perry >>View Items
21
Skatalites >>View Items
1965年から1965年までレコーディング・バンドとして一緒に活動したスカタライツだが驚くほど創造的だったこの2年でレゲエ史の模範となる作品郡を確立した。

>>Information

22
Kiddus I >>View Items
1970年代後期の音楽キャリア全盛期に数えられるほどの僅かなシングルをリリースし、アイランドが配給した映画「Rockers」に登場したミステリアスなラスタマンがキダス・アイである。彼がプレスしたシングルの数は少なく当然リリースされた当時でさえ入手困難であった。これらは単純に彼の謎めいた人物像を形成する要素になった。

>>Information

23
Tarrus Riley >>View Items
24
Dennis Brown >>View Items
“クラウン・プリンス・オブ・レゲエ(レゲエ界の貴公子)”と呼ばれたデニス・エマニュエル・ブラウンはジャマイカ音楽において最も普遍的に人気のあったパフォーマーだった。多くのアーティストたちは死後に名声と称賛を受けるがデニス・ブラウンは生前、他に例を見ない量の深い愛情を受け取った。

>>Information

25
Carroll Thompson >>View Items
26
Keith Hudson >>View Items
プロデューサーからパフォーマーに転身したキース・ハドソンは1970年代にわたり、独特のスタイルを展開し、多くの楽曲を制作。メインストリームで成功することはなかったが多くのリスナーが収集する作品にアルバムやシングル盤が上げられる。42歳という早すぎる死にレゲエは1人の異端者を失った。

>>Information

27
Roy Richards >>View Items
28
Jennifer Lara >>View Items
29
Sons Of Negus >>View Items
30
Beenie Man >>View Items
“驚異的な10歳のディージェイ”から“ダンスホールのキング”へ…

>>Information

31
Sister Nancy >>View Items
32
The Browne Bunch >>View Items
33
Dawn Penn >>View Items
34
Lady Lex >>View Items
35
Hopeton Lewis >>View Items
36
Big Youth >>View Items
20世紀後半において、そのスタイルがもたらした影響力の強さ、アーティストとしての革新的なスタンスで最も重要な人物の1人とされる。

>>Information

37
Techniques >>View Items
38
Delano Stewart >>View Items
39
Soul Brothers >>View Items
40
Protoje >>View Items
41
Byron Lee, Dragonaires >>View Items
42
U Roy >>View Items
“生きる伝説”という言葉はしばしば乱用され過度に表現されてきた。しかしイワート‘Uロイ’ベックフォードが“生きる伝説”ということに意義を唱えるものはいないだろう。別名“Rightful Ruler”、“Deejay Daddy”は贈られる栄光の全てを受け取るに値する。

>>Information

43
Count Ossie & The Mystic Revelation Of Rastafari >>View Items
44
Peter Hunnigale >>View Items
45
Llans Thelwell, His Celestials >>View Items
46
Dan I Locks >>View Items
47
Beres Hammond >>View Items
48
Johnny Osbourne >>View Items
生意気な若手の新人が溢れるダンスホールでたびたび多才なヴェテランにも居場所があることを証明した有能なプロ・ヴォーカリスト。

>>Information

49
Half Pint >>View Items
50
Jackie Opel >>View Items
51
John Holt >>View Items
ジョン・ホルトはジャマイカの“愛のバラードを最も上手く表現できる歌手”として十分に崇敬されているが、それと同様にパラゴンズとしてもっとも素晴らしいロックステディのシンガーの1人、スタジオ・ワンの基礎を築いたヴォーカリスト、もしくはチャンネル・ワン、またヘンリー‘ジュンジョ’ロウズからのリリースを通して1970年と80年代に最も輝いたルーツ・シンガーとしてみなされている。

>>Information

52
Heptones >>View Items
ロックステディやレゲエに興味を持った人なら誰でも、ヘプトーンズを認知し、彼らの音楽が好きだろう。最高のジャマイカ人コーラス・トリオの一組であった彼らからなぜクロスオーバーの成功が遠ざかったのか、申し分のない彼らの作品からは想像がつかない。

>>Information

53
Lynn Taitt, Jets >>View Items
54
Fabian >>View Items
55
Leroy Sibbles >>View Items
56
Vybz Kartel >>View Items
ジャマイカのダンスホール・ミュージックほど競争がタフなものはないが、時折、その競争に頭1つぬきんでたアーティストが現れることがある。「みんなはリアルなネタを望んでる…そして俺がやっているのはそれだ」ヴァイブス・カーテル

>>Information

57
I Roy >>View Items
ジャマイカで最も明瞭で聡明なディージェイ。痛烈な社会批判からユーモアに富んだ意見はディージェイ界の新たなスタンダードとなった。

>>Information

58
Danny Red >>View Items
59
I David >>View Items
60
Congos >>View Items
61
Ronnie Davis >>View Items
62
Jah Warrior >>View Items
63
Patsy Millicent Todd >>View Items
64
Tommy Mccook >>View Items
トミー・マクックの申し分の無いテナー・サックスは数え切れない60年代と70年代に行われたレコーディングを華やかにしたが、作曲家/編曲者として彼が残した作品もそれと全く同等に価値がある。誰もが認める現代ジャマイカ音楽の開拓者であり基礎を築いたアーティストの一人。

>>Information

65
Alton Ellis >>View Items
アルトン・エリスは間違いなくジャマイカ最高のソウルフル・シンガーであり、彼の独特の歌い方と作曲を通してジャマイカ音楽の発展に与えた影響は重要なものだ。

>>Information

66
Ras Tinny >>View Items
67
Buccaneer >>View Items
68
General Levy >>View Items
69
The Hippy Boys >>View Items
70
Sandeeno >>View Items
71
J Boog >>View Items
72
Hollie Cook >>View Items
73
Barrington Levy >>View Items
エネルギーみなぎるパフォーマンスと生粋のサウンド・システム・ディージェイ、バーリントン・リーヴィは生のダンスホールの興奮をそのままレコードに録音したヴォーカリストの一人。

>>Information

74
Ken Parker >>View Items
75
Mighty Sparrow >>View Items
76
Tartans >>View Items
77
Frankie Paul >>View Items
78
Jump With Joey >>View Items
79
Isha Bel >>View Items
80
Wailers >>View Items
81
Living Truth >>View Items
82
Yami Bolo >>View Items
83
Norris Man >>View Items
84
Moodie >>View Items
85
Fikir Amlak >>View Items
86
The Afrotones >>View Items
87
Bob Marley, Wailers >>View Items
88
Jah Mason >>View Items
89
Linval Thompson >>View Items
もともとはルーツ・アンセムを歌うシンガーとして1970年尊敬されていたリンヴァル・トンプソンは最初の、また先進的なダンス・ホール・ミュージックのプロデューサーの1人としてのキャリアも成功させた。

>>Information

90
Barry Isaacs >>View Items
91
Baba Brooks >>View Items
92
Morgan Heritage >>View Items
93
Richie Stephens >>View Items
94
David Jahson >>View Items
95
Ranking Joe >>View Items
ジャマイカにおいて最もエンターテイナー性のあるディージェイの一人であるランキン・ジョーは輝かしいキャリアを歩んできた。

>>Information

96
Sister Rasheda >>View Items
97
Achilifunk Sound System >>View Items
98
Sizzla >>View Items
その教えに従順なボボ・アシャンティのメンバーであり、論争の絶えないシズラの歯に衣着せないスタンスは70枚以上のアルバムと数えられない7インチ・シングルに分かるように衰えを知らない…

>>Information

99
Leslie Butler & Count Ossie >>View Items
100
The Uniques >>View Items
Back