当サイトではJavaScriptが必須となっておりますが、お使いのブラウザではJavaScriptが無効になっています。セキュリティ設定などからJavaScriptを有効にしたうえでご利用ください。

商品カタログ - レゲエレコードコム
レゲエレコード ドットコム ダブ・ストア・サウンド・インク レゲエとブラック・ミュージックのオンラインショップ - レゲエレコード・ドットコム

レゲエ & ブラック・ミュージック オンラインショップ

日本語 English

presented by DUB STORE SOUND INC.

¥0 (0 items)

Merlyn Brooks - You'll Never Need Somebody / You'll Never Need Somebody PT. 2

The Turntable / Dub Store Records JPN 1974

¥1,480

チャン兄弟が手がけた後期の名曲。彼等がやろうとしていたレゲエ・ソウルの最終形態ともいえる。AntrimやTriangleは当然レゲエも作るがソウル、ファンクなどいわゆるUSサウンドをやろうというコンセプトが感じられる。

Johnny & The Attractions - Let's Get Together / Cross My Heart

Gay Feet / Dub Store Records JPN 1967

¥1,580

Gay Feetロックステディの中で最も捜し求められている1枚。オリジナルはウルトラ・レア。後にテトラックによりカヴァーされている。ジョニー・アンド・ジ・アトラクションズは同時代のロックステディの中でも特に深さを追求しているように感じられ、後のルーツ・レゲエの基礎となるような音をすでにやっていたことを証明する両曲。

The Crashers - I've Got A Power / The Conquerors - Mr. DJ

Gay Feet / Dub Store Records JPN 1969

¥1,580

同じくクラッシャーズの”Musical Fight”と一緒に録られた未発表ヴォーカル。69年初頭にストレンジャー・コール&パッツィーの”True Love”のセカンドプレスの再に裏面に録音されたヴァージョン。ヴォーカルがなぜお蔵入りになったのかは謎。B面にはソニアお抱えグループ、コンカラーズによるグッド69レゲエ。

Babylon Panic - Caravan (Coloured Vinyle) / Funky Stripper

Babylon Panic JPN 2018

¥1,620

日本が誇る実力派ダブ・バンドBabylon Panicの最新シングル!

コアなファンを獲得する注目のダブ・バンドBabylon Panicの新作が待望のリリース!今作もBabylon Panic節炸裂のキラー・チューンに仕上がっています!

Augustus Pablo - Stabiliser (Single Take) / Alton Ellis - All We Need Is Love

Stamma / Dub Store Records JPN 1974

¥1,480

突然変異とも言える音作りやサウンドエフェクトを繰り出す鬼才キース・ハドソンとオーガスタス・パブロによる”Peter and Judas”のオルガン・カット。レゲエ史上初めてのコンセプト・アルバムとも言われている「Flesh Of My Skin Blood Of My Blood」収録は別テイク。同アルバムはダブでいう「Blackboard Jungle Dub」に並ぶ金字塔。本ヴァージョンはLP収録前の極太オリジナルテイク。

ウォントリストに追加

メーカー在庫切れ

eico - 夢先案内人 (Reggae Disco Rockers Remix) / 夢先案内人 (Slowly 2018 Remi)

Flower Records JPN 2018

¥1,620

Record Store Day商品の為、購入はお一人様2枚までとさせていただきます。

The Browne Bunch - We've Got A Good Thing Going / Now Generation - We've Got A Good Thing Going Version

Superstar / Dub Store Records JPN 1973

¥1,480

マイキー・チャン・プロデュースの第一級レゲエ・ソウル。

若き日のスティーリー&クリーヴィーを擁するブラウン・バンチを手がけたスーパースター、その後のレゲエの発展を考えるとこのレーベルの重要性が伺える。

The Browne Bunch - There's Fun For All / Something Silly

Triangle / Dub Store Records JPN 1973

¥1,480

スティーリーいはくブラウン・バンチのデビュー作。スティクリやチャン兄弟を擁するトライアングルやピラミッドは当時流行っていたラヴァーズを中心に一般層を沸かせた。

The Jays - Inna De Ghetto / King Tubbys - Inna De Ghetto Version

Firehouse / Dub Store Records JPN 1986

¥1,480

チャンネル・ワン・アーティストのジェイズによる、ベテランの安定感をかもし出しつつ、ポップな中にもハードさを匂わせるビッグ・チューン。キレキレのダンスホール的アレンジなのにどこかルーツ・スピリットを感じさせる。

Spinna B-ill, Myers Rock - La La La (La La Means I Love You) (Picture Sleeve) / Frankie Paris, Myers Rock - Sha La La

Vortex / Dubblender JPN 2017

¥1,620

名古屋のベテラン・サウンドHAYASSEN of TOTALIZEのレーベルVORTEX RECORDS待望の第2弾!!

前作同様にSpinna B-LLをフィーチャーし名古屋が誇るレゲエ・バンドMyers Rockをバックに名曲Delfonics「La La Means I Love You」を見事にカバー。

Ital Mick - Jah Bless Her / Dub Bless Her

Scorcher Hi Fi EU 2018

¥1,380

Scorcher Hi Fi レーベル第二弾!

Sharon Forrester - Silly Wasn't I / Now Generation - Silly Wasn't I Version

Edge / Dub Store Records JPN 1973

¥1,480

Sharron Forresterのジャマイカン・ラヴァーズ古典でありUKラヴァーズ・クラシック。

Carlton Manning - We Will Live & Love / The Soul Lads - I Am Yours Forever

Gay Feet / Dub Store Records JPN 1967

¥1,580

アビシニアンズのリンフォード、ドナルドの兄にあたり、後にカールトン・アンド・ザ・シューズでスタジオ・ワンに数々の名曲を残したカールトン・マニングの記念すべきデビュー作。

B面のソウル・ラッズの未発表曲は後に別テイクがトレジャー・アイルからリリースされたことによりお蔵入りしたのかもしれない。

Michael Prophet - Sweet Me / King Tubbys - Sweet Me Version

King Tubby's Dub Plate / Dub Store Records JPN 1987

¥1,480

デジタル革命以降の楽曲は、タビーズはもとよりジャミーズしかり良い作品はたくさんあるがずっと聴いていたいのは全くの別物。そんな中で光るベテラン勢の存在感を象徴するようなマイケル・プロフェットのキラー・デジタルをマスターテープより収録。ダンスホール以降に出てきたアーティストとは一線を画す完成度の高い楽曲はさすがの一言。

Keith Hudson - Satan Side / Earl Flute, Horace Andy - Peter & Judas

Mafia / Dub Store Records JPN 1972

¥1,480

ヴァージョン、ダブワイズ、ホーン・リフなど、クリエイティヴな要素が交じり合った、あの時代のキース・ハドソンにしかできない音が響き渡る1曲。レゲエ・リスナー以外の人にも是非挑戦してもらいたい。当時のジャマイカはハドソン以外にも独創性に富んだプロデューサーがなだれ込む新時代。スタジオ自体を楽器として扱ったリー・ペリー、パブロ、ナイニー等、ポスト・ウェイラーズ世代の中でも特に秀でた1曲であるのは間違いない。

予約

入荷予定日: 2018/7/18

鉄腕ミラクルベイビーズ - Talk Show / Talk Show Re Mix Version

For Life Music Entertainment Inc / Jet Set JPN 1987

¥1,728

バラエティ番組「ねるとん紅鯨団」テーマソングの初アナログ化バージョン!

'87年~'94年まで放送され一世を風靡したとんねるず司会のバラエティ番組『ねるとん紅鯨団』。そのオープニング・テーマを飾った"TALK SHOW"は、リアルタイム世代ならイントロから思い出の蘇るお馴染みの楽曲です。'87年のオリジナル・バージョンの7インチは和モノDJ必携の人気盤ですが、今作は'92年にリリースされたアレンジ違いの8cmシングル・バージョンのアナログ化という新企画!

Baba Brooks - 1st Session (Alternative Take) / 1st Session

Gay Feet / Dub Store Records JPN 1965

¥1,580

ババ・ブルックスと言えばこの曲か”Shank I Sheck”であろう。録音テープそのものが貴重だった時代において別テイクを残しておくのは至難の業。そんな中、今作は今日まで未発表だったオルタナ・テイクを収録。

U Roy - Dynamic Fashion Way / John Holt - Share My Rest

Inbidimts / Dub Store Records JPN 1970

¥1,480

元祖サウンド・チューンとも言える今作は69~70年代にかけて一世を風靡した若手プロデューサーによる新時代を象徴する1曲。そしてサウンドシステム・ディージェイとしてのキャリアを感じさせるUロイ最初期の楽曲の中でも3本の指に入るであろう名曲。キャラ立ちの強さもこの時代ならではのものがある。

Tomorrow's Children - Bang Bang Rock Steady / Rain (Rock Steady)

Merritone / Dub Store Records JPN 1967

¥1,380

ダウンタウンのルードボーイ達が好むというより、むしろアップタウンの連中の香りが漂うグループ「トゥモローズ・チルドレン」であるが、ここでは重厚でファンキーなロックステディ・サウンドでハードな側面を見せ、彼らの独自なキラー・スタイルを見事に創りだしています。B面はビートルズのカバー。マスターテープより収録。1967年発表。

Lennie Hibbert, Count Ossie & Lynn Taitt - Pure Soul / Patsy Millicent Todd - A Man Is A Two Face

Gay Feet / Dub Store Records JPN 1967

¥1,580

ジャマイカン・ジャズの大先生、レニー・ヒバートがナイヤビンギの草分けであるカウント・オジーと残した名作。

この頃のゲイ・フィートの録音は、時代の基準から考えるとある意味奇跡的なセッションの連続だった。

Derrick Harriott - Loser / Derrick Harriott, Bobby Ellis, Desmond Miles Seven - Now We Know

Crystal / Dub Store Records JPN 1967

Loser

¥1,380

レゲエ・ミュージックの歴史上で絶対に欠かすことが出来ない大名曲、および名リズムトラックとして現在まで継承されている不朽の名曲。サウンドシステム・ダブプレートでもよく登場し、定番的に [The Winner] と編曲されている。ロックステディという音楽スタイルでは、絶対に欠かすことができないトラックであろう。カップリングには初めてのシングル化の、ハリオットのトースティング入り [Now We Know] を収録。

Jr. Dee - Jerk Chicken / 大沢 広一郎 (The Silver Sonics) - Dub

Point Break Music JPN 2018

¥1,500

レゲエ専門鍵盤演奏者で知られる外池満広がトラックプロデュースした、90年代前期を思わせるようなミディアムテンポに大沢広一郎(The Silver Sonics) のサックスが輝く陽気で痛快なリズムに、独特なJr.Dee節で今にも食べたくなるようなリリックスを刻むレゲエの故郷と同じジャマイカ発祥の『JERK CHICKEN』。

Jennifer Lara - Woman Of The Ghetto / Jackie Mittoo, Sound Dimension - Side Walk Doctor Version

Dub Store Records JPN / Studio One 2004

Side Walk Doctor

¥1,480

名門スタジオ・ワンとダブストアの共同プロデュース・シングル!マリーナ・ショウの68年リリースの名曲"ウーマン・オブ・ザ・ゲットー"を女性歌手ジェニファー・ラーラがカバー!ジャッキー・ミットゥがリードをとっている引き締まったファンキーなリズムにラーラの美しい歌声が乗った彼女の生涯最後の録音!