当サイトではJavaScriptが必須となっておりますが、お使いのブラウザではJavaScriptが無効になっています。セキュリティ設定などからJavaScriptを有効にしたうえでご利用ください。

商品カタログ - レゲエレコードコム
レゲエレコード ドットコム ダブ・ストア・サウンド・インク レゲエとブラック・ミュージックのオンラインショップ - レゲエレコード・ドットコム

レゲエ & ブラック・ミュージック オンラインショップ

日本語 English

presented by DUB STORE SOUND INC.

¥0 (0 items)

'Roast Fish & Corn Bread / Free The Weed'関連の在庫商品
(158件)

>>絞込みを全て解除

Kiddus I - Graduation In Zion / Salvation

Shepherd / Dub Store Records JPN 1978

¥1,380

Dub Store Recordsよりリリース予定のKiddus Iのアルバム"Rockers: Graduation In Zion"から先行7"が遂にリリース!映画「ロッカーズ」の録音風景でも強烈な存在感を残したKiddus Iの幻の音源!

Johnny Clarke - Golden Snake / Little Clive - African Bread

Atom / Dub Store Records JPN 1974

¥1,480

キース・ハドソンがもらってきたヴェリー・レアなロックステディ・リズムにジョニー・クラークの力強いボーカルがのった人気の名曲。B面にはランディーズのクライヴ・チンのディージェイカットを収録。

Peter Tosh, Solomonic Reggae Star - Anti-Apartheid / Solomonic Reggae Star - Solidarity

Solomonic / Dub Store Records JPN 1976

¥1,480

メロディカの無限なる可能性を見出した最初のレゲエ・アーティストだったピーター・トッシュ(ザ・ウェイラーズによるタフ・ゴング初のリリース作品である'Sun Is Shining'を参考に)。'Black Heart Man'に収録された、バニーによる最高傑作リズムの一つであり預言的とも言える'Amagideon'に、トッシュがとりつかれるような秘めた力を加えている。このシングル盤両面に聞かれるメロディカのフレーズと巧妙で複雑なミックスが、トラック中の静かなる心中と神秘さを最大限に引き出している。

Johnny Osbourne - Inflation / Version

Techniques / Dub Store Records JPN 1981

¥1,480

ジョニー・オズボーンがテク二クスに残した80'sルーツ/アーリーダンスホールを収録した名アルバム「Warrior」に収録。ジョニー・オズボーンのソウルフルなボーカルが響くキラー・ルーツ・チューン!

Keith Rowe - Groovy Situation / Groovy Dub

Upsetter / Reggae Fever EU 1977

¥1,380

Keith & Texでお馴染みのKeith Roweがリーペリーの元に残した名曲!哀愁漂うメロディーとボーカルが素晴らしいどことなく都会的な雰囲気を感じさせるソウルフルな一枚!

Count Ossie Band - Lulumba (Alternative Take) / Lulumba

Gay Feet / Dub Store Records JPN 1971

¥1,580

Gay Feet音源復刻シリーズ!

Count Ossieによるナイヤビンギの最高峰!ジャンルを超越したジャマイカン・レアグルーブ!

Augustus Pablo - Bedroom Mazurka / Scotty - Children Children

Move & Groove / Dub Store Records JPN 1973/ 1970

Tonight

¥1,380

メロディカの魔術師パブロがキース&テックスの"Tonight"に乗せた人気曲。ジャマイカでよくある映画の引用モノで、 デンマークの同タイトルのセクシー映画からの台詞をFayがセクシーに乗せている。カップリングは看板DJによる"Tonight"のカット。
デンマークの同タイトルのセクシー映画からの台詞をFayがセクシーに乗せている。カップリングは看板DJによる"Tonight"のカット。

Lacksley Castell - Jah Love Is Sweeter / King Tubby - King Tubby's Mix

Orchid UK 1975

¥1,480

鬼才Lee Perryが手がけた傑作ルーツ・ヴォーカル!最高に引き締まったKiller Black Ark Style!!!ルーツ期に多数の衝撃的なレコードを残したヴォーカリストとがっちり組んだ力作!!!

Bunny Wailer - Searching For Love / Tuff Gong All Stars - Must Skank

Solomonic / Dub Store Records JPN 1974

¥1,480

ソロモニック・レーベルから初めてリリースされたバニー作品は、'Heat, Air & Water'としてクレジットされた思慮深く熱望的な楽曲'Search For Love'。
バニーはこの慕う歌を美しく歌いあげ、嘆きのホーンは伝統曲'Waltzing Matilda'のメロディにさまざまなアレンジを加えている。また、結成前のIスリーズ(I Threes)がバッキング・ボーカルでハーモニーを聞かせている。

Wailers - Life Line / Big Youth - Black On Black

Solomonic / Dub Store Records JPN 1976

B: Bide Up

¥1,480

多くのアーティストが2枚組アルバムで表現するところを‘Life Line’は巧妙にも若干2分というリズムの間にバニーの崇高なボーカルを包み込んだ心に訴える愛の歌である。一方、ビッグ・ユースが主張するのは寛大さと理解。バニーの歌った‘Bide Up’のリズムで彼が残した2曲の1つでもともとは両面シングル盤としてリリースされ、ソロモニック・レーベルのレコードで最も発見するのが困難な一枚として知られる。これ以上、本作を探す必要はない…

Bob Marley, Wailers - Burnin And Lootin / Rastaman Chant

Tuff Gong UK 1973

¥1,380

ウェイラーズが残した傑作大名曲が遂に7インチで再発です!1973年にリリースされた強烈なレベル・ロック!引き締まったリズムと肌を刺すようなシリアスなサウンド!これぞまさに70年代のレゲエが持つ反抗の精神を体現したかのよう!間違いなくマスト・アイテム!

African Brothers - Righteous Kingdom

Black Roots UK 1973

¥1,380

Sugar MinottにTony Tuff, Derrick Howardによるルーツ・ヴォーカル・トリオAfrican Brothersの渋すぎる一枚!!イントロの吹き荒れるフルートに荒々しい演奏が強力なグレート・ルーツ!!

Horace Andy - Earth Must Be Hell / Winston Jarrett - Slaving In Babylon

Cooperative Sounds / Dub Store Records JPN 1975

¥1,480

人気歌手ホレス・アンディの音の階層がディープな1975年のルーツ・レゲエ傑作!

カップリングはオリジナルで、Cornell Campbellの初期レゲエ「Let The Music Keep On Play」のルーツレゲエ・カバー。

Aston 'Family Man' Barrett - Cobra Style / Cobra Style Dub

Fam's / Dub Store Records JPN 1981

¥1,480

ファミリーマン・サウンドの集大成と言うべくマイナー調のキラー・インスト、ウェイラーズバンドの金字塔的な重要曲Eastern Memphis同様、ファミリーマンの代表曲として語られる重要曲。ファミリーマンがベーシストとしてだけでなく、ミュージシャンとしての多様性を示している曲でもある。このころのジャマイカはダンスホールDJ全盛期という時代であるが、そんなことはまるでなかったかのように世界のウェイラーズバンドはファンの期待を裏切ることなくウェイラーズサウンドを貫き通している。その自信と信念に満ち溢れた演奏に感動させられるだろう。

Jimmy Riley - We're Gonna Make It / Family Man - Dub Maker

Fam's / Dub Store Records JPN 1981

¥1,480

この時代のウェイラーズサウンドを見事に表現した、貫禄のルーツ・ボーカル。60年代のロックステディの時代にボーカル・グループ、Uniquesに在籍していたジミー・ライリー。その頃、ファミリーマンはセッションバンド、Hippy Boysとしてキングストンで活躍しはじめていた。両者が共にしたレコーディングセッションは68年まで遡るが、それ以来、この二人がスタジオで会うのは久しぶりであっただろう。この曲はCobra Styleと同じ頃に録音された曲で、ファミリーマンの構想どうり、60年代からのベテランのジミーはその期待に余裕で答え、見事なウェイラーズ・サウンドを完成させている。

Keith Hudson - Satan Side / Earl Flute, Horace Andy - Peter & Judas

Mafia / Dub Store Records JPN 1972

¥1,480

ヴァージョン、ダブワイズ、ホーン・リフなど、クリエイティヴな要素が交じり合った、あの時代のキース・ハドソンにしかできない音が響き渡る1曲。レゲエ・リスナー以外の人にも是非挑戦してもらいたい。当時のジャマイカはハドソン以外にも独創性に富んだプロデューサーがなだれ込む新時代。スタジオ自体を楽器として扱ったリー・ペリー、パブロ、ナイニー等、ポスト・ウェイラーズ世代の中でも特に秀でた1曲であるのは間違いない。

Devon Irons - Ketch Vampire / Upsetters - Ketch A Dub

Orchid UK 1975

¥1,380

炸裂するBlack Ark Sound!レーベルの特徴である引き締まったマイナーリズムと浮遊感溢れるミックスがWicked!Devon Ironsの哀愁のヴォーカルと鬼才と呼ばれるLee Perryの才能が爆発しています!

Bongo Pat - Young Generation / Augustus Pablo - New Style

Rockers / Onlyroots EU 1976

¥1,380

パブロ率いるオリジナル・ロッカーズ・サウンド炸裂の強烈な一枚!ヴォーカル、サウンド共に非常に完成度の高いキラー・ルーツ傑作曲!B面のピアノ・テイクも絶対必聴です!