当サイトではJavaScriptが必須となっておりますが、お使いのブラウザではJavaScriptが無効になっています。セキュリティ設定などからJavaScriptを有効にしたうえでご利用ください。

レゲエレコード ドットコム ダブ・ストア・サウンド・インク レゲエとブラック・ミュージックのオンラインショップ - レゲエレコード・ドットコム

レゲエ & ブラック・ミュージック オンラインショップ

日本語 (Japanese)英語 (English)

presented by DUB STORE SOUND INC.

¥0 (0 items)
アーティスト名鑑へ

Heptones (ヘプトーンズ)Text by Harry Hawks

ロックステディやレゲエに興味を持った人なら誰でも、ヘプトーンズを認知し、彼らの音楽が好きだろう。最高のジャマイカ人コーラス・トリオの一組であった彼らからなぜクロスオーバーの成功が遠ざかったのか、申し分のない彼らの作品からは想像がつかない。
2010/8/25掲載 2018/4/25更新 (C)ダブストアサウンドインク 無断転載を禁ず
メンバー:Leroy Sibbles
Earl Morgan
Barry Llewelyn
1965年~
結成地: ジャマイカ
関連アーティスト:
Paragons (パラゴンズ)
ジャマイカで最も有名で影響力をもつヴォーカル・トリオ、リロイ・シブルス(Leroy Sibbles)は溶接工として、バリー・ルウェリン(Barry Llewellyn)はメカニックとして、そしてアール・モーガン(Earl Morgan)は新聞を売って生計を立てていた。ヘプトーンズ(Heptones)は当初アールとバリーにより50年代後期にキングストンのトレンチ・タウンのゲットーで結成された。60年代中期、街角で行われていた歌のコンテストで別グループのリード・シンガーだったリロイ・シブルスと出会い、この2つのグループは街角で行われていたコンテストで対決をした。リロイはアールとバリーに感銘を受け即座にグループ入りを申しで、リロイはグループのリード・シンガーになったのだがバリーとアールもリードをとっていた。この多彩な変化は彼らのサウンド全体に満ち溢れている。

パイオニアーズ(Pioneers)のシドニー'ルディ'クロックス(Sydney 'Luddy' Crooks)はスカタライツ(Skatalites)の地方巡業のマネージャーであり、カールトン(Carltone)を主催するケン・ラック(Ken Lack)にヘプトーンズへの興味を引かせ、彼らは1966年にデューク・リード(Duke Reid)のトレジャー・アイル(Treasure Isle)スタジオでカールトンのために4曲録音し、彼らの最初のリリース'Gunmen Coming To Town'と題したロッシーニ(Rossini)の'William Tell Overture'のカバーはこの独特のトリオがこれから先他の誰の影響も受けないといういう事をうかがわせる曲だった。カールトンのための次のレコード'I Am Lonely'は当時発売されたとき大ヒットはしなかったものの、30年後イギリスで最も高値で価値があるレコードになった。

1966年、コクソン(CS Dodd)主催のオーディションの際ボブ・アンディ(Bob Andy)、ケン・ブース(Ken Boothe)、ホレス'B.B.'シートン(Horace 'B.B.' Seaton)が審査委員を務め、このエキスパートたちの審査に合格した彼らは次の5年間をブレントフォード・ロードですごした。彼らの最初のヒット、きわどい歌詞の'Fatty Fatty'はラジオではかけられないほどわいせつだと言われた。

「ラジオ局のやつらはあの曲をジャマイカで禁止したが、みんなは聴きたがったものさ。そしてジャマイカのベストセラーの一つになったんだ」アール・モーガン

彼らはすぐにスタジオ・ワン(Studio One)の必要不可欠なグループになり、彼らの音楽がスタジオ・ワンに多大に貢献したといっても過言ではない。リロイはタレントのスカウトとセッションの時のベース奏者としても雇われ、バリーは同じくセッション・ミュージシャンとして、アールはハーモニーを歌いレコードのプレス工場でも働いた。リロイ・シブルスは数え切れないほど作曲をし、リスナーたちはわずかに女性に対し嫌悪感を抱いたが、本当の隠された感情を彼らに届けた。ロックステディがレゲエに変わる頃、彼の飛び切り上等なラブソングの数々は真実と権利についての歌になり、彼の思想に富んだ歌詞は黒人の人権問題一色になった。

またリロイは飛びぬけて才能のあるミュージシャンであり、彼のベースラインはどんなに違うアレンジが加えられようと充分にメロディックだった。そのうちの多くはのちにどこでも聴かれるようになり、'Give Me The Right'、'Party Time'、'Sweet Talking'、'Why Did you Leave'のリズムは何度も何度も繰り返し使われている。あまりにもたくさんではあるが、いつもプロ意識の高い彼らの作品はスタジオ・ワンからリリースされた申し分のない4つのアルバム「The Heptones」、「On Top」、「Freedom Line」、「Black Is Black(またのタイトルを「Ting A Ling」)」で聴くことができる。これらには彼らの最高級の作品が多数含まれているが、他の名曲は7インチのみのリリースやコクソンのコンピレーションLPにも収録されている。

「コクソンのところを離れた後に俺たちを必要とするならどこでも行くって言っていろんなプロデューサーのところを転々としたんだ。本当にたくさんのプロデューサーたちのために働いたな」アール・モーガン

1971年にヘプトーンズはスタジオ・ワンを離れ、自由の身になった彼らはコクソンの音楽学校で学び合格したキングストンの多数のレコード・プロデューサーたち、新しい世代のレコード・プロデューサーやアーティストたちの下で録音をした。彼らは最初ジョー・ギブス(Joel Gibson)の下で'Be The One'と'Hypocrite'をヒットさせ、彼らがレコーディングしたほとんどのプロデューサーの下でスタジオ・ワンの在籍時の時にヒットさせた曲を流行のスタイルで再演した。爆発するほどの創造力でランディーズ(Randys)のクライブ・チン(Clive Chin)のために'My Guiding Star'を、ジェフリー・チャン(Geoffery Chung)のために'I Miss You'を、ルーピー・エドワーズ(Rupie Edwards)のために'My Conversation'のリズムに乗せた'Give Me The Light'を、オーガスタス・パブロ(Augustus Pablo)のために'Love Won't Come Easy'を、そしてフィル・プラット(Phil Pratt)のために'Party Time'と'Swept For You Baby'を録音した。ヘプトーンズがカバーした曲や再演などは全てにおいて必ず彼ら独自の感情や繊細さを持っている。

1973年リロイはカナダに移住したが3年後にジャマイカに帰郷し、彼らはリー'スクラッチ'ペリー(Lee Perry)とハリー'ハリー J'ジョンソン(Harry Johnson)と活動を始める。'Sufferers Time'などの曲は皆が将来に不安を抱いていた当時に共鳴し、アップセッター(Upsetter)のための録音は彼の深くかき回すようなリズムに、彼らの舞い上がるようなハーモニーが対立した曲に仕上がった。1976年リー・ペリーがプロデュースした「Party Time」はアイランド(Island)により世界中で発売され、それに続くハリー J(Harry J)の「Night Food」は痛烈な'Country Boy'という曲を含むにも関わらず、より普通さの残る作品だった。遅ればせながらこの2つのアルバムはヘプトーンズの音楽をさらに広い範囲のオーディエンスに知らしめる手助けをしたが、同年アイランド・レコーズによって企画されたボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ(Wailers & The Wailers)、メイタルズ(Maytals)とのツアーの最中リロイはグループを脱退し、ソロ活動に力を入れた。

「もしリロイがいなくならなければ俺たちはもっと有名になれたんだけどな...」アール・モーガン

リロイの離脱後ドルフィン'ナゴ'モリス(Dolphin 'Naggo' Morris)がリード・ヴォーカルをとったが、少しの例外はあるものの、彼らのレコードの売れ行きは以前のように伸びなかった。バリーとアールは90年代早期にリロイとグループを再結成し、ヘプトーンズは活動を続けながらレコーディングをし、メッセージを伝え続けている。

「ヘプトーンズは1人では成り立たない。3人いてこそのヘプトーンズだ」アール・モーガン

バリーとアールはリロイのリード・ヴォーカルとのギャップを埋める以上の働きをし、2人ともヘプトーンズにとって重要な貢献を果たした。アールの'Pretty Looks Isn't All'はレゲエが聴かれる限り名曲の一つとして認知され続けるだろう。

ヘプトーンズは他が彼らの様になりたいと熱望し、彼らと自分たちの作品を比較するような基準を作ったのは確かだ。60年代と70年代のロックステディとレゲエ期に次々にヒットを放ったことに対する栄誉を今さら授けるような見直しは彼らにとっては必要ない。国際的なスターの領域に達したボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ(Wailers & The Wailers)とバーニング・スピアー(Burning Spear)と同じ道を辿っていたように見えたのは否定できないが、そうではなかった。ジャマイカ音楽好きの間では彼らの人気は絶大だが、幅広いオーディエンスたちには比較的認知されていない。彼らはジャマイカで最も成功を収めたハーモニー・トリオではないだろか...この先ヘプトーンズのようなグループは二度と現れないだろう。
2010/8/25 (2018/4/25更新) Text by Harry Hawks
歌詞紹介 powered by World Reggae News
>>ヘプトーンズ(Heptones) - Book Of Rules - リリック
>>ヘプトーンズ(Heptones) - Get In The Groove - リリック
>>ヘプトーンズ(Heptones) - Pretty Looks Isn't All - 1972 - リリック
>>ヘプトーンズ(Heptones) - ‘Cool Rasta’ - 1976 - リリック
>>ヘプトーンズ(Heptones) - ‘Love Won't Come Easy’ - 1968 - リリック
>>ヘプトーンズ(Heptones) - Sea of Love - 1972 - リリック
>>ヘプトーンズ(Heptones) - Equal Rights - 1968 - リリック
>>このアーティストの全在庫商品を見る
デビュー作
Heptones - Heptones
LP Heptones - Heptones Studio One
   絶対必聴、明らかに素晴らしい記念すべき1ST、一曲一曲をピックアップしても素晴らしい内容だが、全体を通して聴いてもさすがのスタジオワンの当時の雰囲気を味わえる最高のゴールデン・ロックステディー・アルバム!
¥1,680
ウォントリストに追加
Heptones - Gunmen Coming To Town
7" Heptones - Gunmen Coming To Town / Tommy McCook - Riverton City Hep Hep UK
   遂に出た!ヘプトーンズの1st.シングル!&激渋キラースカ、両面共に激渋レア音源!スカファンは絶対マスト!
¥1,280
ウォントリストに追加
代表作
Heptones - Heptones
LP Heptones - Heptones Studio One
   絶対必聴、明らかに素晴らしい記念すべき1ST、一曲一曲をピックアップしても素晴らしい内容だが、全体を通して聴いてもさすがのスタジオワンの当時の雰囲気を味わえる最高のゴールデン・ロックステディー・アルバム!
¥1,680
ウォントリストに追加
Heptones - On Top
LP Heptones - On Top Studio One
   Leroy Sibblesを中心としBarry Llewellyn、Earl Morganの三人で62年に結成されたHeptonesのStudio OneのRocksteady時代を代表する一枚でありジャマイカ・レゲエ業界史上、最高の売り上げとなった名盤中の名盤!Skaのテンポを落とす事でヴォーカルパートがより目立ちメロディーが楽曲の中心となったRocksteady。そんな豊潤なメロディーがたっぷりと詰まったRocsteadyの醍醐味を充分に味わえるアルバムです。甘くとろける様なHeptonesのコーラスと心地よくループするリズムが印象的な"Party Time"はクラシックリズムとしても定番化した名曲です!
¥1,680
ウォントリストに追加
Heptones - Freedom Line
LP Heptones - Freedom Line Studio One
   絶対必聴、明らかに素晴らしい完成度を誇る永遠不滅の3枚目最高傑作盤!
¥1,680
ウォントリストに追加
Heptones - Ting A Ling (Black Is Black)
LP Heptones - Ting A Ling (Black Is Black) Studio One
   レゲエ界を代表するコーラス・トリオHeptonsの3作目にあたるアルバム!!タイトル曲をはじめ包み込むような優しいボーカルと爽やかなコーラスに覆われたヒット曲が多数収録!!
¥2,180
ウォントリストに追加
Heptones - Gunmen Coming To Town
7" Heptones - Gunmen Coming To Town / Tommy McCook - Riverton City Hep Hep UK
   遂に出た!ヘプトーンズの1st.シングル!&激渋キラースカ、両面共に激渋レア音源!スカファンは絶対マスト!
¥1,280
ウォントリストに追加
Heptones - Love Me Girl
7" Heptones - Love Me Girl Studio One General
   その完璧なハーモニーは他の追随を許さないリロイ・シブルス率いる'Heptones'!この曲は彼等が残した素晴らしいロックステディーの中でも、定番リズム、'Generall'のオリジナル・ソングとしてダンスホール・ファンにもお馴染みではないでしょうか?Big Foundation!
¥1,800
ウォントリストに追加
Heptones - Why Must I
7" Heptones - Why Must I / Slim Smith - Try Again Studio One
   最高のコーラス・グループによる泣きのロックステディー!後にリー・ペリーの元からもリメイクをリリースする事となる大名曲!
¥850
ウォントリストに追加
Heptones - Fattie Fattie
7" Heptones - Fattie Fattie Studio One Fattie Fattie
   GOLDEN ROCKSTEADY、大推薦盤!!!!!!!!!スタジオワンが誇るゴールデンロックステディの中の1枚!歌うは、レゲエのコーラスグループ彼らが創った名曲の数々が今日のレゲエを支えていると言っても過言ではないでしょう。
¥850
ウォントリストに追加
Heptones - Party Time
7" Heptones - Party Time Studio One Party Time
   素晴らしきジャマイカン・ミュージックの歴史の中で後世までたくさんのリメイクをされてきた、確実に時代を超越したスタジオ・ワン・ロックステディー名曲中の大名曲!いつの時代も輝きを失う事の無い永遠のサウンド!
¥850
ウォントリストに追加
Heptones - Love Won't Come Easy
7" Heptones - Love Won't Come Easy Studio One Love Won't Come Easy
   タメの効いた力強いリズムに乗せたロックステディー!相変わらず素晴らしいハーモニーを聴かせてくれます!こちらも時代を彩った多くのヒット曲に使われたファウンデーション・リズムとしてリメイクされました!
¥1,800
ウォントリストに追加
Heptones - Equal Rights
7" Heptones - Equal Rights Studio One UK Party Time
   傑作ロックステディー大名曲、絶対に必聴盤です。大推薦盤!
¥900
ウォントリストに追加
Heptones - Pretty Looks Isn't All
7" Heptones - Pretty Looks Isn't All Studio One Pretty Looks Isn't All
   Leroy Sibbles, Earl Morgan, Barry Llewelyの三人から成るStudio Oneが誇るロックステディー・ボーカルトリオHeptonesの大名曲!!高揚感溢れる演奏にHeptonesの鮮やかなコーラスワークが最高に素晴らしい大・推薦盤!!
¥1,180
ウォントリストに追加
Heptones - Fattie Fattie
7" Heptones - Fattie Fattie Hep Hep Fattie Fattie
   今もなお愛される数多くの名曲を世に残している'Heptones'がスタジオワンに残したゴールデンロックステディの中の1枚!全てにおいて完璧な文句無しのクラシックナンバー!!
¥700
ウォントリストに追加
Heptones - Sweet Talking
7" Heptones - Sweet Talking Hep Hep
   Leroy Sibblesを中心とし結成された今もなお愛されるコーラス・グループ"Heptones"がスタジオ・ワン時代に残した名曲!!いつの時代になっても色あせることのなおい永久不滅の名曲!!
¥600
ウォントリストに追加
Heptones - Hold The Handle
7" Heptones - Hold The Handle Hep Hep I Hold The Handle
   スタジオ・ワンの傑作ロックステディが遂に再発です!名盤'On Top'に収録されていた人気のチューンです!温かみ溢れるリズムとヘプトーンズの絶妙なコーラス・ワークが光る傑作曲!ファウンデーション!
¥600
ウォントリストに追加
Heptones - Sea Of Love
7" Heptones - Sea Of Love Hep Hep Sea Of Love
   スタジオワンにて数々の名曲を残してきた名ヴォーカル・グループHeptonesの代表作とも言える最高に和めるカバー・ラブソング『Sea Of Love』がHeptonesのレーベル"Hep Hep"より奇跡の復刻!誰もが愛せる極上ロックステディー大名曲!推薦盤!
¥700
ウォントリストに追加
Heptones - Party Time
7" Heptones - Party Time Hep Hep Party Time
   1968年発表の大ヒット・ロックステディ!ロックステディ期に数多くのヒットを残したリロイ・シブルス率いるヘプトーンズですがそんな輝かしいキャリアの中でも一際目を引くヒット・チューンです!後々まで様々な形でリメイクを繰り返され、時代を彩った屈指のファウンデーション・チューン!
¥600
ウォントリストに追加
Heptones - Pretty Looks
7" Heptones - Pretty Looks Hep Hep Pretty Looks Isn't All
   1968年の大ヒット・チューン!ダンスホールでのリメイクや、同じスタジオ・ワンからコーネル・キャンベルがカバーした事でも有名なヘプトーンズの代表曲!ゆったりとした力強いビートに乗って3人のコーラス・ワークが冴え渡る傑作!
¥700
ウォントリストに追加
Heptones - Sea Of Love
7" Heptones - Sea Of Love Studio One Sea Of Love
   泣きのロックステデイー最高傑作曲、大推薦盤!!!
¥850
ウォントリストに追加
Heptones - Why Did You Leave
7" Heptones - Why Did You Leave Studio One Why Did You Leave
   最高のコーラスグループによるキラーなロックステディー!渋いトラックに素晴らしいコーラスが美しい永遠不滅の傑作曲!
¥850
購入
Heptones - Ting A Ling
7" Heptones - Ting A Ling Studio One Ting A Ling
   いつ聴いても最高に和めるヘプトンズの大名曲Rocksteady!
¥850
ウォントリストに追加
Heptones, Tommy McCook - I Am Lonely (Crying Over You)
7" Heptones, Tommy McCook - I Am Lonely (Crying Over You) Trench Town
   レアかつ激烈渋いロックステディー音源。ヘプトンズの渾身のヴォーカルがかなり渋いです、この曲のもう一つの凄さはブレイクのTommy McCookの強烈なホーンです!オールドファンはまずマストな一枚でしょう!
¥800
ウォントリストに追加
Heptones - Fall In Love
7" Heptones - Fall In Love Studio One
   最高のバックが奏でるロックステディー・ビートに黄金のコーラス・ワーク!これぞスタジオ・ワン・ロックステディーと言うべき素晴らしい1曲!
¥850
ウォントリストに追加
Heptones - We're In The Mood
7" Heptones - We're In The Mood Studio One We're In The Mood/Rock Me
   明らかに素晴らしいメロー・ロックステデイー、大推薦盤!!!
¥850
ウォントリストに追加
Heptones - Mama
7" Heptones - Mama Studio One Mama
   ロックステディー期からたくさんのヒット曲を持つ名ヴォーカル・グループ"Heptones"の代表曲!現在までリメイクされ続けているファウンデーション・リズムとしてダンスホール・ファンにもお馴染み!
¥850
購入
Heptones - Sweet Talking
7" Heptones - Sweet Talking Studio One Sweet Talking
   GREAT、GREAT ROCKSTEADY!
¥1,800
ウォントリストに追加
Heptones - I Shall Be Released
7" Heptones - I Shall Be Released Studio One I Shall Be Released
   永遠不滅の大名曲、ROCKSTEADY!
¥850
ウォントリストに追加
Heptones - Get In The Groove
7" Heptones - Get In The Groove Studio One Get In The Groove/Up Park Camp
   ロックステディー期を代表するコーラス・グループのもっとも素晴らしい楽曲のうちの一枚!タイトル通りの力強いグルーブ感と真骨頂ともいえる美しいコーラスが印象的!永遠に語り継がれるファウンデ-ション・チューン!
¥850
購入
Heptones - Time Will Tell (Hypocrite)
7" Heptones - Time Will Tell (Hypocrite) Studio One
   ヴォーカル・グループとして今も数々の名曲が聴き告がれているHeptonesのナンバー!!Heptonesらしい伸びやかなヴォーカルがナイスな一枚!!
¥850
ウォントリストに追加
Heptones - I'm In The Mood For Love
7" Heptones - I'm In The Mood For Love / Tommy McCook - Eight Years After Hep Hep/Trench Town UK Mood For Love
   名曲"I'm In The Mood For Love"をヘプトンズがカバー!しかもB面はあのトミー・マクックが吹きまくり!最高に優しく素晴らしい名曲!大推薦の一枚!
¥1,280
ウォントリストに追加
Heptones - My Guiding Star
7" Heptones - My Guiding Star / Augustus Pablo - My Guiding Red Impact US My Guiding Star
   初期レゲー不滅の大名曲、B面パブロ・テイクも必聴!!!!
¥800
ウォントリストに追加
Heptones - Obladi
7" Heptones - Obladi Hep Hep
   最高のコーラス・グループによるビートルズ"オブラディ・オブラダ"のカヴァーです!世界中が知っている曲のナイス・レゲエ・テイク!
¥700
ウォントリストに追加
Heptones - Book Of Rules
7" Heptones - Book Of Rules Hep Hep
   レゲエの歴史において確実に替えの聴かない名曲中の名曲!!ヘプトーンズをこの曲を通して耳にするようになったリスナーも多いはず!!!ロッカーズのあの場面をついつい想像してしまう最強の一枚★
¥800
ウォントリストに追加
Prince Jazzbo, Heptones - You Never Know Colour Sell A Shop
7" Prince Jazzbo, Heptones - You Never Know Colour Sell A Shop Hep Hep Party Time
   クラシックリズム"Party Time"にPrince Jazzboの人懐っこいフローが映える好チューン!
¥700
ウォントリストに追加
Heptones - I Shall Be Released
7" Heptones - I Shall Be Released LBE I Shall Be Released
   Bob Dylanの名曲"I Shall Be Released"のHeptonesによるレゲエ・カバー!!プロデュースは当時Blac Arkで全盛を誇ったLee Perryで間違いない一枚!!
¥700
ウォントリストに追加
最新入荷タイトル
Heptones - Revolution
7" Heptones - Revolution Tafari EU
  
¥1,980
購入
CDベストセラー
Heptones - Meet The Now Generation
CD Heptones - Meet The Now Generation VP US
   名門スタジオワンよりアルバム・デビューをしたヘプトンズが1972年にJoe Gibbsの下でリリースしたアルバムの復刻盤!"Hypocrite"や"Be The One"などのコアなファンを唸られる名曲が収録されている名盤中の大名盤!
¥2,180
購入
>>もっと見る
10/12"ベストセラー
Heptones - Deceivers
12" Heptones - Deceivers Black Lion US
   必聴!最高のヴォーカルグループが渋く歌いこんだステッパースキラールーツ&激渋キラーダブ!大推薦盤!
¥2,180
購入
Winston Francis - Mr. Fix It
12" Winston Francis - Mr. Fix It / Heptones - Sweet Talking Studio One Info: 廃盤
   両面共永遠不滅の傑作ファウンデーションのDISCOテイク
¥2,880
購入
>>もっと見る
7"ベストセラー
Heptones - Get In The Groove
7" Heptones - Get In The Groove Studio One Get In The Groove/Up Park Camp
   ロックステディー期を代表するコーラス・グループのもっとも素晴らしい楽曲のうちの一枚!タイトル通りの力強いグルーブ感と真骨頂ともいえる美しいコーラスが印象的!永遠に語り継がれるファウンデ-ション・チューン!
¥850
購入
Heptones - Mama
7" Heptones - Mama Studio One Mama
   ロックステディー期からたくさんのヒット曲を持つ名ヴォーカル・グループ"Heptones"の代表曲!現在までリメイクされ続けているファウンデーション・リズムとしてダンスホール・ファンにもお馴染み!
¥850
購入
Heptones - Why Did You Leave
7" Heptones - Why Did You Leave Studio One Why Did You Leave
   最高のコーラスグループによるキラーなロックステディー!渋いトラックに素晴らしいコーラスが美しい永遠不滅の傑作曲!
¥850
購入
Martinis - I Second That Emotion (Original Stamper)
7" Martinis - I Second That Emotion (Original Stamper) / Anthony Ellis, Heptones - Please Be True Studio One
   60年代活躍のシンガーさんで、元々はバルバドスのカリプソバンドMerrymenのリードヴォーカルの方です。ファンキー・ヒップなノリ、シンプルなオルガンのアレンジが効いた演奏に、R&Bクラッシック、Smokey Robinson & Miraclesの1967年大ヒット曲のカバーです。
¥1,380
購入
Heptones - Message From A Black Man (Original Stamper)
7" Heptones - Message From A Black Man (Original Stamper) Studio One
   レゲエファンのみならずソウル・R&B系好きも要チェックな名チューン。Temptationsの名曲カバー。勿体付いたオリジナルと比べシンプルに踊れるアレンジのジャマイカン・ソウル傑作チューン。レアでしたがカバー曲好きの方々には基本です。
¥850
購入
>>もっと見る
戻る
●このページで取り上げてほしいアーティストを随時募集しています。 までeメールでお知らせください。