当サイトではJavaScriptが必須となっておりますが、お使いのブラウザではJavaScriptが無効になっています。セキュリティ設定などからJavaScriptを有効にしたうえでご利用ください。

レゲエレコード ドットコム ダブ・ストア・サウンド・インク レゲエとブラック・ミュージックのオンラインショップ - レゲエレコード・ドットコム

レゲエ & ブラック・ミュージック オンラインショップ

日本語 (Japanese)英語 (English)

presented by DUB STORE SOUND INC.

¥0 (0 items)
表示順:

・リズム特集の一覧です。画像またはリズム名をクリックすると、それぞれの特集ページを見ることができます。

>>セレクターズチョイスへ
>>アーティスト名鑑へ
>>レーベル名鑑へ
>>リズム名鑑へ
>>国内サウンド&アーティスト名鑑へ
Cherry Oh Baby image

Cherry Oh Baby
(チェリー・オー・ベイビー)

掲載:2008/9/24
数多くのヒット曲に使われたアーリー・レゲエ大名曲。柔らかいリズムと分かり易いメロディーで大ヒットを記録した。
Shanty Town/007 image

Shanty Town/007
(シャンティー・タウン/007)

更新:2008/9/19
1967年発表のファウンデーション・ロックステディー。永遠不滅のルード・ボーイ賛歌。
Get In The Groove/Up Park Camp image

Get In The Groove/Up Park Camp
(ゲット・イン・ザ・グルーヴ/アップ・パーク・キャンプ)

掲載:2008/9/12
1970年に発表されたブレントフォード・レゲエ大ヒット曲。ヘプトーンズ(Heptones)の美しいコーラス・ワークが堪能出来る傑作である。
Stick By Me image

Stick By Me
(スティック・バイ・ミー)

更新:2008/9/5
1971年、ジョン・ホルト(John Holt)による大ヒット曲。ゆったりと暖かいリズムに乗せたストレートなラブ・ソングは今尚多くのファンに愛され続けている。
Feeling Soul/Fire Burning image

Feeling Soul/Fire Burning
(フィーリング・ソウル/ファイヤー・バーニング)

掲載:2008/8/26
ジャマイカ史上最も偉大なるソング・ライター、ボブ・アンディ(Bob Andy)による大ヒット・ロックステディー。
Come Home image

Come Home
(カム・ホーム)

掲載:2008/8/19
1967年発表の大ヒット・ロックステディー。幼少時代から天才シンガーと呼ばれたデルロイ・ウィルソン(Delroy Wilson)が情感たっぷりに歌い上げる傑作。
Lecture image

Lecture
(レクチャー)

掲載:2008/8/13
トランペット、コルネット奏者であるジョー・ジョー・ベネットにより1968年に発表されたファウンデーション・ロックステディー。
Arena image

Arena
(アリーナ)

掲載:2008/8/4
1968年、スタジオ・ワン(Studio One)からのリリース。軽快なビートとホーン・セクションが特徴的なロックステディー。
Love I Can Feel image

Love I Can Feel
(ラブ・アイ・キャン・フィール)

掲載:2008/7/30
スタジオ・ワン(Studio One)が誇る初期レゲエ期の代表作。大ヴェテラン、ジョン・ホルト(John Holt)の出世作としても多くのファンに知られる。
First Cut Is The Deepest image

First Cut Is The Deepest
(ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト)

掲載:2008/7/21
レゲエ界に限らず様々なアーティストにカバーされた、ロック・シンガー、キャット・スティーヴンス(Cat Stevens)による大ヒット曲。
Freedom Blues image

Freedom Blues
(フリーダム・ブルース)

掲載:2008/7/16
スタジオ・ワン(Studio One)が展開した初期レゲエの典型的作品がこのフリーダム・ブルース(Freedom Blues)である。力強い演奏に支えられたスピーディなリズムはブレントフォード・レゲエと形容され、シーンの主流とは違ったサウンドを展開した。
Far East/Jah Sharkey image

Far East/Jah Sharkey
(ファー・イースト/ジャー・シャーキー)

掲載:2008/7/10
バリー・ブラウン(Barry Brown)による大ヒット曲。チャンネル・ワン(Channel One)での再演を始め、数多くのヒット曲を生んだファウンデーションである。
Shank I Sheck image

Shank I Sheck
(シャンク・アイ・シェック)

更新:2008/7/7
スカの名門レーベル、キング・エドワーズ(King Edwards)から1964年にリリースされた曲。ババ・ブルックス(Baba Brooks)を中心としたスカタライツのメンバーによって演奏された。
Tonight/Lots Of Sign image

Tonight/Lots Of Sign
(トゥナイト/ロッツ・オブ・サイン)

更新:2008/6/27
1968年デリック・ハリオット(Derrick Harriott)のプロデュースにより発表されたロックステディー。
Duck image

Duck
(ダック)

更新:2008/6/19
1986年、当時栄華を誇ったジャミーズ(Jammys)のクルーであったスティーリー&クリーヴィー(Steely & Clevie)によって作られたコンピュータライズド・リズム。
Love Is Not A Gamble image

Love Is Not A Gamble
(ラブ・イズ・ノット・ア・ギャンブル)

掲載:2008/6/13
ウィンストン・ライリー率いる名門テクニクス(Techniques)からのゴールデン・ロックステディー。
Rougher Yet image

Rougher Yet
(ラファー・イェット)

掲載:2008/6/6
1968年に発表されたスリム・スミス(Slim Smith)によるロックステディー。
Real Rock image

Real Rock
(リアル・ロック)

更新:2008/5/29
スタジオ・ワン(Studio One)のセッション・バンド、ソウル・ヴェンダーズ(Soul Venders)によるインストゥルメンタルがオリジナル。
General image

General
(ジェネラル)

更新:2008/5/23
スタジオ・ワン(Studio One)産Big Foundation Rhythm。ヘプトーンズ(Heptones)の'Love Me Girl'がオリジナルで、ペントハウス(Penthouse)のリメイクによる一連のリリースは特に人気が高い。
Mad Mad/Diseases image

Mad Mad/Diseases
(マッド・マッド/ディジーゼズ)

掲載:2008/5/16
1967年、ミスター・ソウル・オブ・ジャマイカことアルトン・エリス(Alton Ellis)によって発表されたロックステディーの大傑作曲。
特集メニューへ
●このページで取り上げてほしいリズムを随時募集しています。 までeメールでお知らせください。