当サイトではJavaScriptが必須となっておりますが、お使いのブラウザではJavaScriptが無効になっています。セキュリティ設定などからJavaScriptを有効にしたうえでご利用ください。

レゲエレコード ドットコム ダブ・ストア・サウンド・インク レゲエとブラック・ミュージックのオンラインショップ - レゲエレコード・ドットコム

レゲエ & ブラック・ミュージック オンラインショップ

日本語 (Japanese)英語 (English)

presented by DUB STORE SOUND INC.

¥0 (0 items)


驚愕の未発表音源を含む不朽の傑作を、13 Brentford Road所蔵の
オリジナル・マスター・テープより収録。
サー・コクソンに敬意を込め、全てのスタジオワン・ファンのために発表する
究極のコレクターズ・シングル・シリーズ。


Part13 1Title >>
DSR-CS7-030
Herman Hersang & His City Slickers - Hersang Hop

Part 13 1title Releases >>
Part 12 1title Releases >>
Part 11 1title Releases >>
Part 10 2title Releases >>
Part 9 2title Releases >>
Part 8 3title Releases >>
Part 7 2title Releases >>
Part 6 2title Releases >>
Part 5 2title Releases >>
Part 4 3title Releases >>
Part 3 3title Releases >>
Part 2 4title Releases >>
Part 1 4title Releases >>
HISTORY OF STUDIO ONE
スタジオ・ワンは、ジャマイカ音楽でもっとも重要なレーベル兼レコーディング・スタジオである。
その創始者でありレゲエの父と呼ばれるクレメント・'サー・コクソン'・ドッドは、1950年代にサウンドシステムであるサー・コクソンズ・ダウン ビートを開始し、アメリカのリズム・アンド・ブルースを主としたダンスカルチャーを当地に伝え、人々に喜びを与えた。

1963年、サー・コクソンはキングストンのブレントフォード・ロードにてその名に相応しい自身のレコーディング・スタジオ 'スタジオ・ワン' を 設立し、そこではアーネスト・ラングリンやモンティ・アレキサンダー、クルーエット・ジョンソン、ドン・ドラモンドらを筆頭とする一流ミュージ シャンが教授として、若き日のボブ・マーリーやピーター・トッシュ、リー・ペリーらに音楽を伝授し、スカやロックステディといった新しいジャンル が生み出されていくこととなる。

60年代後期から70年代にかけても、常に一流のミュージシャンとアーティストがスタジオ・ワンに集い、創造性の高いヒット曲を限りなく世に 送り出した。
その代表楽曲であるリアル・ロックやアンサーといった伝統リズムは、ジャマイカ音楽の礎として若きアーティスト達により今日まで継承され、 これからも永遠に色褪せることなく、未来のトップ・アーティストたちにも敬意を持って扱われていくだろう。

レゲエの基礎の大部分を作り上げた計り知れない貢献に対し、多くの著名人はサー・コクソンが学長を勤める "レゲエの大学"と呼ぶ。
また、国際的に"ジャマイカのモータウン"と称さるレゲエの名門中の名門である。
Clement Sir Coxsone Dodd Clement 'Sir Coxsone' Dodd
STUDIO ONE STARS
Bob Marley & The Wailers The Soul Vendors Lee 'Scratch' Perry Toots & The Maytals
Burning Spear Jackie Mittoo Jennifer Lara Alton Ellis
Dub Store オリジナル STUDIO ONEグッズ
'Sir Coxsone' Dodd
Post Card
※終了しました
Don Drummond
Post Card
※終了しました
'Sir Coxsone' Dodd
Poster
※終了しました
Studio One
Sticker

Studio Oneのリリースを記念してノベルティに「Dub StoreオリジナルStudio Oneグッズ」が加わりました!
ご購入金額に応じて選べます!

Dub Storeオリジナルグッズについてはこちら→
※数に限りがございます。ノベルティの配布がすでに終了している場合はご了承ください。
Part 13 Releases
DSR-CS7-030
Hersang Hop
Calypso Jazz (Iron Bar) (Alternative Take)
Side A) Herman Hersang & His City Slickers - Hersang Hop   
Side B) Don Drummond, Tommy McCook, Roland Alphonso - Calypso Jazz (Iron Bar) (Alternative Take)
   

リズム&ブルースの香りを残したアーリー・スカ・インストルメンタル。
オルガンとギターの掛け合いが心地よい音楽味溢れる1961年の録音。
B面にはジャマイカン・ジャズの最高峰ともいえるドン・ドラモンド、トミー・マククック等によるアドリブが煌くスウィングを収録。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-030
年代: 1961
好評発売中!
¥1,580
購入
  
Part 12 Releases
DSR-CS7-029
Roll On Sweet Don
Jericho Road
Side A) Don Drummond - Roll On Sweet Don   
Side B) Cornell Campbell, Dimples - Jericho Road
   

アメリカのジャズ界では世界でも5本の指に入るとの評価を受けていたジャマイカを代表する伝説のトロンボニストのドン・ドラモンドによる名曲中の名曲であるレア・キラー・インスト・チューンとコーネルキャンベルによる素晴らしいオーセンティック・ボーカル・スカをカップリング!

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-029
年代: 1964
好評発売中!
¥1,580
購入
  
Part 11 Releases
DSR-CS7-028
Feel Like Jumping
Christine Keeler
Side A) Lee Perry - Feel Like Jumping   
Side B) Roland Alphonso - Christine Keeler
   

スタジオ・ワン・スカの名曲が復刻!
軽快にはじけるホーン隊の演奏と力強いドラム、リーペリーによるボーカルがタイトに融合!!
カップリングは、Roland Alphonsoのセクシーで情熱的なサックスのブロウが響くキラーインストチューン!

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-028
年代:
Sold Out!
¥1,580
ウォントリストに追加
  
Part 10 Releases
DSR-CS7-026
Give Me One More Kiss
Man In The Street
Side A) Studio One All Stars - Give Me One More Kiss   
Side B) Don Drummond - Man In The Street
   

の未発表ボーカルスカ、マスターテープより収録!
心の奏でにふれるナイスラブソングと、トロンボーンの巨匠Don Drummondの王道代表曲!

スタジオワンの奥深さを実証すべく未発表音源。
リリースされているものとは少々スタイ

ルが違う曲で歌手は不明。

カップリングはDon Drummondの数ある曲のなかでも最もポピュラーなドン・ドラモンドの代名詞的な作品。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-026
年代: 1964
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-027
Groovy Kind Of Love
A Man Of Chances
Side A) Hortense Ellis - Groovy Kind Of Love   
Side B) The Three Tops - A Man Of Chances
   

最高の完成度を誇る67年ロックステディ最高傑作女性ヴォーカル・ロックステディ!

アルトン・エリスの妹でジャマイカの音楽創世記から活躍する名シンガーの一家に一枚的な素晴らしいレア曲。

オリジナルのカップリングのThe Three Topsも非の打ち所のない良い曲で嬉しいダブルサイダー。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-027
年代: 1967
Sold Out!
¥1,580
ウォントリストに追加
  
Part 9 Releases
DSR-CS7-024
You Should Have Known
Great 68 Train
Side A) Jimmy Riley & The Three Tops - You Should Have Known   
Side B) The Three Tops - Great 68 Train
   

1967年に録音されたロックステディ、後のレゲエの発展に大きく貢献し定番リズムとなったが本当は非常にレアな音源!

スタジオワンのマスターテープより収録!

この時代に他のスタジオで録られている音楽に比べると、あきらかに時代を先取りしているスタジオワンの偉大さを感じる名曲。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-024
年代: 1967
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-025
Bongo Tango
Every Body
Side A) Roland Alphonso - Bongo Tango   
Side B) Norma Fraser - Every Body
   

65年のローランドの名キラーチューン初のシングルカット!
カップリングはアップテンポ女性ボーカルスカ傑作!

スカタライツによる際立った曲でシングルとして発表されなかった注目曲の初のシングル

化。

裏には、この2年後に大ヒット「Fist Cut Is The Deepest」を残す、Norma Fraserのデビュー曲収録、こちらもトップクラスのDJチューン。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-025
年代: 1965
好評発売中!
¥1,580
購入
  
Part 8 Releases
DSR-CS7-021
East Man Ska
You Were Wrong
Side A) Soul Brothers - East Man Ska   
Side B) King Rocky & The Willows - You Were Wrong
   

スタジオ・ワンのスカの中でも3本の指に入るとされる「Soul Brothers ? East Man Ska」はオリジナルが極めてレアな幻の曲。
ソウル・ブラザーズ(Soul Brothers)名義のこの作品はリフやアンサンブル・アレンジに重点を置き、派手なソロを一切排除した極めて洗練された楽曲。
ソウル・ブラザーズが残した作品の中でも最もレアでキラーだとされる作品の嬉しい再発。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-021
年代: 1966
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-022
Rasta Shock Them Up
Ringo's Ska
Side A) Peter Tosh & The Wailers - Rasta Shock Them Up   
Side B) Soul Brothers - Ringo's Ska
   

「Peter Tosh & The Wailers - Rasta Shook Them Up」はエチオピアの皇帝ハイレ・セラシエがジャマイカを訪問した頃に録られたというウェイラーズ(The Wailers)初のラスタファリ賛歌。
この曲の基となったのはメントの「Archie Buck Them Up」である。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-022
年代: 1965
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-023
Jazz Walking
Just Cool
Side A) Monty And The Cyclones - Jazz Walking   
Side B) Don Drummond & C. McLaughlin - Just Cool
   

「Monty & The Cyclones - Jazz Walking」は1960年の録音としては非常に上質な曲であるにも関わらず、当時発表されることはなかった。
B面「Don Drummond & C. McLaughlin ? Just Cool」は古くは「All Star Top Hits」というアルバムに収録されていた楽曲。
ともにマスターテープから収録されている両曲はシングルとしては初めてのリリース。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-023
年代: 1960
好評発売中!
¥1,580
購入
  
Part 7 Releases
DSR-CS7-018
Give Me A Little Sign
Raver
Side A) Owen Gray - Give Me A Little Sign   
Side B) Owen Gray - Raver
   

燻し銀の完成度を誇る、スタジオワン・ロックステディ異色の最高傑作ダブルA!
1967年のクレメント・ドッド (Clement Dodd)とソウルベンダーズのUKツアー時に、当時すでにイギリスに移住していた往年のジャマイカ人歌手オーウェン・グレイがイギリスで吹き込んだ異色作。
ブレントフォード・ロードとは異なる音色だが、明らかにコクソンのサウンドである。
それは他には類のない洗練されたサウンドであり、元祖花形歌手の際立った才能が引き立った傑作中の傑作である。
'The Raver' のみマスターテープより収録。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-018
年代: 1967
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-020
Chinese Chicken
Put It On
Side A) Jackie Mittoo - Chinese Chicken   
Side B) Jackie Mittoo - Put It On
   

スカからロックステディへの架け橋期のキラーなロックステディ・スカと、ミットゥのナイスヴォーカル曲。
スカタライツからソウルブラザーズへと継承されたスタジオワン・スカであるが、その最終形式的な音源の一つで、内容はソウルブラザーズと変わりは無い。
オリジナルカップリングである両面ともにジャッキー・ミットゥが指揮したセッションであり、その頃のミットゥのクリエィティビティが前面に押し出された素晴らしき名盤である。
両面ともにマスターテープより収録。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-020
年代: 1967
好評発売中!
¥1,580
購入
  
Part 6 Releases
DSR-CS7-015
Bad Boy Charlie
Thunderball
Side A) Charlie Organaire - Bad Boy Charlie   
Side B) Soul Brothers - Thunderball
   

ハーモニカの巨匠によるキラー・インスト・スカと、ソウル・ブラザーズのキラー・ホーン・インスト・スカのダブルA面シングル!
熱心に捜し求められるスタジオワンのシングルの一枚であり、通常ルードボーイ・チャーリーと呼ばれているが、マスターテープにはバッドボーイ
・チャーリーと記されていた。
B面に収録のジャッキー・ミットゥーがアレンジをしたサンダーボールも非常にレアな音源である。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-015
年代: 1966
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-017
Don D Special
Fidel
Side A) Don Drummond - Don D Special   
Side B) Don Drummond - Fidel
   

当時発表されることなかった、フィデルの幻の別テイク!
ドン・ドラモンドが残した音源の中でも奇跡のような渋さの超キラーな最高傑作!
Don Drummond好きには言わずと知れたフィデルであるが、90年代になってからサー・コクソンが「イン・メモリー・オブ・ドン・ドラモンド」のCD化に追加収録して初めて発表された曲である。
ドン・ディー・スペシャルのタイトルがまさに相応しい、記念碑的な作品。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-017
年代: 1965
Sold Out!
¥1,580
ウォントリストに追加
  
Part 5 Releases
DSR-CS7-016
Last Waltz
Sentimental Reason
Side A) Soul Vendors - Last Waltz   
Side B) Hamlins - Sentimental Reason
   

メローなラテン曲をソウル・ベンダーズがカバーした人気のホーン・インストと、スタジオワン・ロックステディ・サウンドが凝縮された王道名ロックステディ。
キング・キャノンことCarl 'Cannonball' Bryanとローランド・アルフォンソによる見事なアレンジの華麗なるホーンインスト・ロックステディ。

裏はオリジナルと同じカップリングで、当時のジャマイカで皆が慣れ親しんだナット・キング・コールの素晴らしいカバー・ボーカル。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-016
年代: 1967
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-019
Ska Culation
Ice Water
Side A) Roland Alphonso - Ska Culation   
Side B) Jack Sparrow - Ice Water
   

世界で人気のエレキ・ギター・インスト曲を、スカタライツのスカ全盛期スタイルの解釈で演奏したキラーなショットと、豪華な面子のお祭りモード満載ヴォーカル・スカ。
アメリカのエレクトリック・ギター・バンドを、流行に敏感なジャマイカ人が見逃すことなく捉えたのが本作であり、まさに保証つきのアップテンポでキラーな内容。
オリジナルカップリングと同じ裏面は、当時ジャック・スパロウと名乗っていたエチオピアンズのレオナルド・ディロンが、バッキングヴォーカルにウェイラーズを率いた記念すべき傑作。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-019
年代: 1966
好評発売中!
¥1,580
購入
  
Part 4 Releases
DSR-CS7-009
Rain Or Shine Take 2
Rain Or Shine Take 3
Side A) Don Drummond - Rain Or Shine Take 2   
Side B) Don Drummond - Rain Or Shine Take 3
   

スカの超一流バンド、スカタライツの栄華を極めた絶頂期に録音された、奇跡とも呼ぶべき極限的な音源"Rain Or Shine"の未発表別テイク。
マスターテープより収録。
ドン・ドラモンドが仕切るセッションで、”ラスト・コール”と一緒に録音され、スカのアイコン的なアルバム"Ska Authentic Volume 2"の一曲目に収録された超キラーなシリアス・インスト・スカの別テイク。
同シリーズの”フリーダム・サウンズ”など、このような重要な録音が発掘され世に出たことは、ダブストアレコーズとしてはピラミッドの発見よりも重大なことである。
ドン・ドラモンドという、今なお多くの謎に包まれた天才の全貌をつかむためには、非常に重要で非常に貴重な失われたパズルのピースの一つであり、深く追求した音楽を愛する、深き探索者は必ず所有しなければいけない重要作。
ところで、やはりさすがはスカタライツ。
聞き比べてみると、それぞれが即興で演奏しているのが非常に渋い。
まさにジャマイカ・ナンバーワン・バンドである。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-009
年代: 1965
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-010
Summertime
Soulful Strut
Side A) Roy Richards - Summertime   
Side B) Sound Dimension - Soulful Strut
   

スタンダード名曲”サマータイム”のハーモニカ・インスト、そして”ソウルフル・ストラット”、両面ともに素晴らしい解釈のカバー ・インスト・ロックステディ最高峰。
盲目のハーモニカ・プレイヤーであり往年のボーカリストであるロイ・リチャーズの素晴らしさが凝縮された渾身の傑作。
マスターテープより収録。
アメリカ音楽の大ファンだったサー・コクソンがまさに好きそうな、ヤング・ホルト・アンリミテッドが1968年に発表した大ヒット曲を、結成したばかりのディメンションがゆったりと余裕たっぷりに演奏した、素晴らしい出来栄えのカバー。

・インスト・ロックステディ最高峰。
盲目のハーモニカ・プレイヤーであり往年のボーカリストであるロイ・リチャーズの素晴らしさが凝縮された渾身の傑作。
マスターテープより収録。
アメリカ音楽の大ファンだったサー・コクソンがまさに好きそうな、ヤング・ホルト・アンリミテッドが1968年に発表した大ヒット曲を、結成したばかりのディメンションがゆったりと余裕たっぷりに演奏した、素晴らしい出来栄えのカバー。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-010
年代: 1969
Sold Out!
¥1,580
ウォントリストに追加
  
DSR-CS7-011
Chain Gang
Do The Bogaloo
Side A) Jamaicans - Chain Gang   
Side B) Jackie Mittoo, Soul Brothers - Do The Bogaloo
   

サム・クックのヒット曲を美しいコーラスでカバーした王道スカと、ジャマイカのカリブ・ルーツにアフロ・キューバンが混合されたキラーインスト。
ジャマイカ人がこよなく愛するアメリカの歌手サム・クックの大ヒット曲を、スタジオワン独自の解釈でカバーした、心の安堵を誘う美しいボーカル・スカ。
マスターテープより収録。
裏面は、ソウル・ブラザースが最も得意とするカリブ系音楽の混合スタイルで、火を噴くようなミットゥーのキーボードが超キラーな最高以上に最高のキラー・インスト。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-011
年代: 1965
好評発売中!
¥1,580
購入
  
Part 3 Releases
DSR-CS7-012
Gypsy Song
Green Island
Side A) Don Drummond - Gypsy Song   
Side B) Don Drummond - Green Island
   

ドン・ドラモンドの最初の録音だと思われる50年代の幻の未発表音源。
ドン・ドラモンドを象徴する曲といえば、カリブルーツ傑作「グリーン・アイランド」である。
それをジャマイカ・ジャズ鉄琴の巨匠でありアルファ・スクールのバン ドマスターであったレニー・ヒバートと50年代に録音している驚愕の音源。
レコーディング・テープではなく、ダブプレートに直接カットされたダウンビートの スペシャルだったようで、60年代初期に劣化したダブプレートからレコーディング・テープにトランスファーされ、それがスタジオワンのテープ庫に残されていた。
まさに、ジャマイカ音楽の神話の領域といえる歴史的に貴重な音源であり、その素晴らしき内容から50年代のジャマイカ音楽の夜明けを感じるだろう。
さすが老舗スタジオ、その名も相応しいスタジオ・ワンである。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-012
年代: 1965
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-013
Freedom Sounds
Freedom Sounds (Early Take)
Side A) Skatalites - Freedom Sounds   
Side B) Skatalites - Freedom Sounds (Early Take)
   

有名なるスカタライツのシグネチャーチューンと、それのジョニー・ムーアがリードをとった貴重な未発表初期テイク!
スカのアイコン的なアルバム「スカ・オーセンティック・フローム・スタジオ・ワン」の一曲目を華麗に飾った「フリーダム・サウンズ」、 スカタライツがライブで一曲目にプレイする有名曲で、当時シングルで発表されることはなかったアルバム・チューンである。
それをテープより収録。
大きな発掘が、それの初期のテイクである。
1964年-65年の名曲、たとえば「フロム・ロッシャ・ウィズ・ラブ」と一緒に編集テープに収められ、 プレスの寸前まで行ったようであるが、「スカ・オーセンティック」のアルバム制作の為にリリースが保留にされたのだろう。

その後、さらにリハーサルを重ね録りなおされた従来のものと比較すると、未発表テイクはラフな出来である。
しかしこれはこれで、この上なく素晴らしい。
スカファンにとっては奇跡の音源に聴こえるはずである。
スカタライツのライブでは、この未発表テイクのアレンジでプレイされていることもあった。
それは、誰が主導して演奏するかという問題であったようだ。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-013
年代: 1964
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-014
That Ain't Right
One More Chance
Side A) Soulettes - That Ain't Right   
Side B) Soulettes - One More Chance
   

リタ・マーリーとソウレッツが絶好調だったころに録音された、バイブス溢れるキラーな未発表カバー・スカ。
当時発表されることはなかったが、90年代にクリス・ウェルソン率いるハートビートによってコンピレーションに収録された。
やはり偉大なるミスター・ドッドは全てを把握していたようで、スパイスとして未発表をコンスタントに発表している。
グループ名がSoulettesであるとおり、この手のソウルは、このグループにドンピシャであり、本当に素晴らしい出来栄えの女性ボーカル・グループ・スカである。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-014
年代: 1965
好評発売中!
¥1,580
購入
  
Part 2 Releases
DSR-CS7-005
Last Call
Last Call Take 2
Side A) Don Drummond - Last Call   
Side B) Don Drummond - Last Call Take 2
   

スタジオ・ワン、ドン・ドラモンド名義で発表されたシングル最高峰であり、代名詞的なキラー曲。
貴重な未発表別テイクをマスターテープより収録。
ドン・ドラモンドのセッションの緊張感は、他のアーティストのそれとは別の次元である。
彼はトロンボーンの天才以上の才能の持ち主であり、独自の個性と、強い人間力の持ち主であったのが彼の音楽から聞き取れる。
若くして亡くなったドン・ドラモンドとは、どういう人物だったのか。
「彼は無口で、彼が来ると、皆あまり喋らなかった」と当時の関係者が話していたが、やはりそうだったのであろう。
スタジオ・ワンと、他プロダクションに残された一連の彼の作品によって決定付けられた「東洋のサウンド (Far Eastern Sound)」が、後のジャマイカ音楽で生き続け、それを継承した楽曲全てが現代も色褪せることなく評価され続けているという事実は、彼の音楽の絶対的な普遍性を立証している。
未発表音源についてだが、この辺りのスカタライツ未発表は、ソロの即興の感じが面白く、全テイク内容が異なるのが非常に興味深い。
本当に貴重なアーカイブである。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-005
年代: 1965
Sold Out!
¥1,580
ウォントリストに追加
  
DSR-CS7-006
James Bond Girl
My Heart Cries Out
Side A) Soul Brothers - James Bond Girl   
Side B) Summertair Girls - My Heart Cries Out
   

短命だったソウル・ブラザーズによるキラーな王道スカ、裏面はロックステディ前夜の女性ボーカル・ラバーズ。
オリジナル・カップリング。
スカタライツよりスカを継承し、それをロックステディに導いた流動的なスタジオワンのセッション・バンド、ソウル・ブラザーズによる王道インスト・スカ。
裏面は、これからロックステディ全盛期を迎えようというキングストンの雰囲気を感じさせる、クールでキュートなラブソング。
ソウル・ブラザーズの時代になると、スカタライツの頃のようにソロのスリルが少なくなり、リフが中心でソロも即興ではなく事前に構成されている感が強くなるが、それはスカタライツが凄すぎたのだろう。
当時シングルで発表されたカットとは、ソロが微妙に異なるマスターテープのテイクである。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-006
年代: 1966
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-007
People Get Ready
Everyone Got To Be There
Side A) Minstrells - People Get Ready   
Side B) Hamlins - Everyone Got To Be There
   

インプレッションズの原曲よりヒップでクールな、まさにスタジオワンのゴールデン・ロックステディ。
もともと楽曲としての完成度が高いのはカーティス・メイフィールドの作詞作曲能力の凄さであるが、完成度としてはインプレッションズの原曲よ
り素晴らしく興味深い出来栄えである。
ミンストレルズは録音数が非常に少ないが、全曲最高レベルに素晴らしい名ボーカル・グループである。
オリジナルのレコードで聴いていた人は、イントロがちょっと切れているのを知っているが、やはりマスターテープも同じであった。
裏面には、活動期間が短かったが安定した内容のハムリンズによるナイスなロックステディ。
両面ともにマスターテープより収録。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-007
年代: 1968
Sold Out!
¥1,580
ウォントリストに追加
  
DSR-CS7-008
Sca-Balena
Two For One (ミスクレジット)
Side A) Roland Alphonso, Soul Brothers - Sca-Balena   
Side B) Tommy McCook (ミスクレジット) - Two For One (ミスクレジット)
   

両面ともに貴重な未発表別テイク、インストルメンタル・スカ。
ローランド・アルフォンソの素晴らしさが満喫できる名曲カバー「スキャ・バリーナ」の別テイクと、トミー・マクック名義の名曲「トゥー・フォー・ワン」のまったく違ったラテン・テイク。
老舗スタジオの蔵からは、何がでるか本当に未知である。
しかし、ミスター・ドッド(サー・コクソン)はどこに何があって、どれがどうなのかをほぼ完全に把握していて、余裕たっぷりだった。
両面ともにマスターテープより収録。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-008
年代: 1965
好評発売中!
¥1,580
購入
  
Part 1 Releases
DSR-CS7-001
Freedom Sounds
Freedom Sounds Take 2
Side A) Soul Brothers - Freedom Sounds   
Side B) Soul Brothers - Freedom Sounds Take 2
   

スタジオワンのスカ、ロックステディの新事実がここに明らかになる、驚愕の未発表ロックステディ・テイク発見!
スカタライツのサインイン曲として有名な「フリーダム・サウンズ」が録音された数年後、新しい面子のミュージシャンによって構成されたソウル・ブラザーズがプレイした、驚愕の未発表ロックステディ・テイク。
スカのアイコン的なアルバム「スカ・オーセンティック」のソウル・ブラザーズ版のようなアルバム制作を企画していたのか、当時シングルで発表せずに特別にキープされていた痕跡がテープの箱から見てとれる。
ジャマイカ音楽のビギナーから、我こそはスカのマスターだと自負する者まで、誰もが要注目なシリアスな幻のレコーディング。
さすがファウンデーション・スタジオ、深さが計り知れない。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-001
年代: 1966
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-002
From Russia With Love
Cleopatra
Side A) Roland Alphonso - From Russia With Love   
Side B) Roland Alphonso - Cleopatra
   

ジェイムス・ボンド映画「ロシアより愛を込めて」のテーマをスカで演奏した、言わずと知れた最高傑作インスト・スカ。
オリジナル盤と同じカップリングで裏には「クレオパトラ」を収録。
まさに超豪華なカップリングである。
オリジナル・マスターテープより収録!

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-002
年代: 1965
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-003
Summertime
Dog It
Side A) Monty Alexander, Cyclones - Summertime   
Side B) Monty Alexander, Cyclones - Dog It
   

人気の名スタンダード曲を若き日のモンティ・アレキサンダーがスタジオワンにてエキゾチックにカバー。
モンティのグループであるサイクロンズによるエキゾチックで重厚なアレンジで、数ある「サマータイム」のカバーの中でも一際目立った出来栄えの、ジャマイカが誇る傑作バージョンと言えるだろう。
裏面には、ナイスなシャッフル・インスト収録。
コクソンの数あるレーベルでもリリース数が極めて少ないレア・レーベル。
オリジナル盤と同じカップリング。
コレクターが捜し求める超レア盤。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-003
年代: 1962
好評発売中!
¥1,580
購入
  
DSR-CS7-004
Rock Sweet Rock
Jerk In Time
Side A) Wailers - Rock Sweet Rock   
Side B) Wailers - Jerk In Time
   

ウェイラーズがスタジオワンに残した数ある曲の中でも特別な名曲として語られる名盤。
スタジオワンを離れる直前の録音で、バニー・ウェイラーが多くのリードをとった内のひとつで最高の出来。
裏面もA面と同等の出来でダブルAの嬉しい内容。
この後に展開されるウェイルンソウルムに向け期が熟しているのが聴き取れる両面ともに素晴らしい最高傑作。
オリジナル盤と同じカップリング。

7" 7インチレコード
品番: DSR-CS7-004
年代: 1966
好評発売中!
¥1,580
購入
  
関連商品
Sound Of Young Jamaica: 50 Top Studio One Hits (2 CD) - Various
ジャマイカ音楽生誕50周年を記念して、スタジオワンからリリースされたコンピレーションCD。
ハートビートのクリス・ウィルソンとキャロル・ドッドによって制作された2枚組みデジパック・リリース。
スカタライツやウェイラーズはもちろん、最初期のクルーJから、スタジオワンの全てを経て90年代のGlen Washingtonまで収録されている。 少しではあるが、JBCのラジオ番組の冒頭や、サー・コクソンのインタビューなども収録し、スパイスが効いた内容となっている。 最初期から90年代まで収録しているということで、数あるスタジオワンのコンピレーションの中でも最も包括的にまとめられた一枚といえるだろ う。
ライセンス盤ではなく、スタジオワンからのリリースというのがファンにとっては嬉しいところである。今後のリリースにも期待である。
CD
品番: SO2012
年代: 1962-1984
好評発売中!
¥3,780
購入
  
ジャマイカ輸入盤スタジオワンの商品はこちら >>
ハートビートのスタジオワン・リリースはこちらから >>
ソウルジャズのスタジオワン・リリースはこちらから >>
Series of 7" P2013 by Jamaica Recording & Publishing Studio Limited
t/a Studio One under license to Dub Store Sound Inc.
特集トップへ   ページトップへ