当サイトではJavaScriptが必須となっておりますが、お使いのブラウザではJavaScriptが無効になっています。セキュリティ設定などからJavaScriptを有効にしたうえでご利用ください。

ランキング・ヒストリー - レゲエレコードコム
レゲエレコード ドットコム ダブ・ストア・サウンド・インク レゲエとブラック・ミュージックのオンラインショップ - レゲエレコード・ドットコム

レゲエ & ブラック・ミュージック オンラインショップ

日本語 English

presented by DUB STORE SOUND INC.

¥0 (0 items)

2021/10/18のサブジャンル別(ヘビーウェイト・ラガ '85-'92)週間ベストセラーランキング

1

Super Black - Bad Woman / Bad Woman Version

Prince Jammys Dub / Dub Store Records JPN 1987

¥1,480

当時、ダブプレートでのみしか出回っていなかった貴重な未発表音源。87年頃のジャミーズらしいヘビーなベースとメロディアスな上音のマイナー調キラー・ダンスホール・リズム。スーパー・ブラックが哀愁ボーカルでピュアな男心を歌ったラバーズダンスホール。

2

Nitty Gritty - Turn Them Back / Turn Them Back Dub

Prince Jammys Dub / Dub Store Records JPN 1986

Tempo

¥1,980

最近では、ジャミーがこの曲をプレイしている動画も見ることが出来るが、それまでダブプレートのみでしかその存在を確認できなかったニッティー・グリッティーがジャミーズ産「Tempo」に乗せた破壊力抜群のサウンドチューン。
当時なぜリリースされなかったのかは不明だが、タビーに対するコントラクションだったのか?リーサルウェポン的なチューンだったのか?と創造を膨らませてしまうほど強烈なインパクトを与える作品。

3

Prince Junior - Hard Sound Fe Dead / Hard Sound Fe Dead Dub

Prince Jammys Dub / Dub Store Records JPN 1987

¥1,980

ジャミーが手がけたキラー・デジタル・チューン「Crucial Boy」で知られるプリンス・ジュニアの未発表曲。土着的なルーツのエッセンスも落とし込んだジャミーらしい武骨なベースを基調にした哀愁系デジタルルーツ作品。ソフトなボーカルで強烈かつストレートなサウンドチューンさらっと歌い上げるプリンス・ジュニアのの渋いパフォーマンスが光る1曲。

4

Prince Junior - Chicken Hawk / Chicken Hawk Dub

Prince Jammys Dub / Dub Store Records JPN 1987

¥1,480

クラシック・リズム「Cuss Cuss」のヘビー・ウェイトリメイクを使用したエクスクルーブ・チューン。ジャミーズらしい重厚なベース・ラインで畳み掛けるタフなリズムをラバダブっぽい感じの荒さも味なプリンス・ジュニアの抑揚の効いたパフォーマンスが光るキラー・チューン。

5

Super Black - Rock Them / Rock Them Dub

Prince Jammys Dub / Dub Store Records JPN 1987

¥1,480

80'sダンスホールシーンの人気アーティストであり、ジャミーズでもお馴染みのスーパー・ブラックによる未発表タイトル。当時のジャミーズらしいシンプルな構成のマイナー調デジタル・トラックと哀愁系ボーカルが相性バッチリな非常に渋い仕上がりの作品。

6

Leroy Brown - Time So Hard / Time So Hard Version

Prince Jammys Dub / Dub Store Records JPN 1987

¥1,480

70年代ルーツ期に多くの名曲を残し、Hippy Boysにもギターとボーカルで参加していた、リロイ・ブラウン。彼のアーリー80's人気期の人気曲「Help Us Oh Jah」にも匹敵するキラーチューン!

7

King Everal - Push Push (Miss Credit To P.fraser) / Push Push Dub

Prince Jammys Dub / Dub Store Records JPN 1987

¥1,480

ジーザス・ドレッドの異名を持つルーツ・レゲエのカリスマ、ヤビー・ユーがプロデュースした代表作「Jesus Dread」のディープ・デジタルリメイク!うねるベースラインの波をKing Everalが軽やかなパフォーマンスで乗りこなした驚愕の未発表音源!

8

Nitty Gritty - Brown In The Ring (Miss Credit To King Kong) / Brown In The Ring Dub

King Jammys Dub / Dub Store Records JPN 1988

¥1,480

80'sダンスホールシーンにおける重要アーティスト、ニッティ・グリッティーシングル未発表曲をリリース!哀愁系ヘビーウェイトサウンドにアウト・オブ・キーの名手である彼の渋いボーカルが光るキラーチューン!

9

Prince Junior - Keep On Running / Keep On Running Version

Prince Jammys Dub / Dub Store Records JPN 1987

¥1,480

ジャミーズ未発表音源シリーズの「Super Black/Rock Them(DSR-LJU7-06」の同トラックのキラーチューン!ジャミーが得意とするマイナー調デジタルサウンドとプリンス・ジュニアの哀愁ボーカルは文句なしの仕上がり!

10

Prince Junior - Raggamuffin / Raggamuffin Version

Prince Jammys Dub / Dub Store Records JPN 1987

¥1,480

ジャミーズ未発表シリーズ第1弾でリリースされたプリンス・ジュ二ア「Hard Sound Fe Dead」(DSR-LJU7-002)の別テイク。リリックの『ラガマフィン」のリフレインが印象的な痛烈にストレートなサウンドチューン。プリンス・ジュ二アのラバダブ的な雰囲気で展開されるボーカルも最高!

11

Pad Anthony - Ruff A Them / Ruff A Them Version

Prince Jammys Dub / Dub Store Records JPN 1987

¥1,480

80年代ジャミーズにも数多くの名曲を残しレーベル黄金期を支えた名アーティスト、パッド・アンソニーの驚異の未発表音源をリリース!ルーツとダンスホールのエッセンスを上手く落とし込んだジャミーズ特有のキラー・リディムを見事に乗りこなしたパッド・アンソニーらしい小気味よい唄いまわしとメロディー・センスが光るキラーチューン!

12

Michael Prophet - Copa Come / Version

Techniques / Dub Store Records JPN 1985

¥1,980

数多くのヒットを送り出しているテク二クスのカタログの中において85年以降のダンスホール期における最も危険な隠れた名曲「Copa Come」!ルーツとダンスホールの端境期らしい両方の要素を含んだキラー・ルーツ・ダンスホール!

13

Cornell Campbell - Nothing Don't Come Easy / Version

Jammys / Dub Store Records JPN 1987

¥1,380

「スレンテン」リリース以降も「プナニー」、「ダック」などのヒットリディムを量産し、デジタルダンスホールシーンのトップに君臨していたキング・ジャミー。レーベルカタログの中でも非常にリリースの多かった80年代後期に発表されたコレクターの間では人気の高いレアチューン。哀愁漂うデジタルリディムにコーネル・キャンベルが美しいファルセットボイスで歌い上げた、素晴らしい完成度を感じさせる楽曲。

14

Gregory Isaacs - Steal A Little Love / King Jammy - Steal A Little Love Version

Jammys / Dub Store Records JPN 1989

¥1,380

Music Works, Jammysでリリースされたダンスホール期の御代Gregory Isaacsの魅力が詰まった1曲!ヘビーなベース・ラインとマイナー・コードで進行される哀愁トラックにGregory Isaacsの切ないボーカルがマッチしたラブソング!

15

Wayne Smith - E20 / In Thing

Jammys / Dub Store Records JPN 1985

B: Come

¥1,280

ウェイン・スミスがジャミーズに残した誰もが知ってる名曲「Under Mi Sleng Teng」の名前をした冠した傑作アルバムに収録の二曲。小気味よくうねりの効いたベースラインが印象的な「E20」と、[Barrington Levy/Come]トラックを更にコンピューターライズドした歯切れの良い打ち込みを使用した「In Thing」をカップリング。

16

Johnny Osbourne - In The Area (What A La La) / In The Area (What A La La) Version

Jammys / Dub Store Records JPN 1984

Stalag

¥1,280

ジャミーズ「スレンテン」、ファイヤー・ハウス「テンポ」と共に80年代のダンスシーンに欠かす事のできないビッグ・リズムがウィンストン・ライリー主宰テクニクス・レーベルの「スタラグ」である。スライ&ロビーを起用し、本家よりも更に怪しげな雰囲気を醸しだしたジャミーズ産「スタラグ」でジョニー・オズボーンが放つ「ジャミーズ・アンゼム」として知られている1曲。

17

Little Kirk - Don't Touch The Crack / Don't Touch The Crack Version

Jammys / Dub Store Records JPN 1987

¥1,280

80年代から活動をスタートし、現在も現役でリリースをしている「カーク・デービス」こと「リトル・カーク」。80年代には「Screechie Across The Border」、「Ghetto People Broke」など多くのキラー・チューンをリリースしている。「Don’t Touch The Crack」も、メリハリのある打ち込みのマイナー調サウンドに独特の哀愁漂うボーカルが重なり合ったヘビー・デジタル・ダンスホール・ナンバー。

18

Chaka Demus - Original Kuff / Original Kuff Version

Jammys / Dub Store Records JPN 1989

Fade Away/Peanie Peanie

¥1,680

アドミラル・ベイリーらと共にジャミーズの全盛期に活躍していたディージェイ「チャカ・ディマス」。ジャミーズの右腕であったボビー・デジタルのレーベル「Digital B」からもリリースされたいた「Peanie Peanie」トラックを使用したこの「Original Kuff」は、昨今ダンスホールのファンの間で非常に人気の高い1枚である。マイナー調のベースラインに歯切れの良いリズムが特徴のトラックをキャッチーなリリックでスムースに乗りこなす彼のテクニシャンなパフォーマンスが光る1曲。

20
購入

通常1-6週間以内に発送

21

Tony Tuff - Ram Dance Style

Vena / Dub Store Records JPN 1987

Tonight

¥1,980

数多くのレーベルからリリースされているダンスホール・クラシック好きにはお馴染みの「Tonight」リディム!その中でもJammysと並び人気の高いVena産リメイク!メロディアスな哀愁系リディムでトニー・タフが軽やかに歌いこなしたダンスホールの醍醐味を感じる1曲

22

Prince Junior - Crucial Boy / Crucial Boy Version

Jammys / Dub Store Records JPN 1985

¥1,280

Live & Loveレーベルの12インチと二の腕がトレードマークのお馴染みコンピレーション・アルバムのヴォリューム2でしか聴く事のできなかったレア・チューン。マイナー調のキラー・トラックにプリンス・ジュニアの甲高い歌声からは想像もつかないリリックが強烈な1曲。

23

Gregory Isaacs - Ruler / Ruler Version

Jammys / Dub Store Records JPN 1989

Running From Reality

¥1,680

サウンド・チューン、キル・チューンをコンパイルした人気コンピレーション・アルバム「Sound War Electrocutioner」に収録のAdmiral Tibet「Running From Reality」の同トラック。ソフトなボーカルから想像できない強烈なリリックもインパクトのあるキラーチューン!

24

Steve Knight - Woman A Problem / Version

Tasha / Digikiller / Deeper Knowledge US 1986

Billie Jean

¥1,180

Digikiller/Deeper KnowledgeよりTashaレーベルの素晴らしいタイトルが5タイトル一挙復刻!!Steve Knightの同タイトルのアルバムに収録されていた1曲!当時多くのプロデューサーの間で飛び交っていたヘビーウェイトな「Billie Jean」リズムに乗せた哀愁ボーカルが素晴らしい作品!